« 89分の男? | トップページ | ルータ−とDVDプレーヤー »

2004.02.18

日本−オマーン感想

南スタンドゴール裏、カテゴリー4指定席での観戦。いつもの親善試合よりかなり客足早かったんじゃないかな。

立ち上がりの俊輔は実に良くて、今日のオマーンの守備じゃ止められないんじゃないように見えたんだけど、PK(判定怪しかったよな)止められてムードが変わっちゃったような気がする。

久保は後半投入された途端にガツンとヘディングシュート放ったりと得体の知れない存在感を見せつけていたと思うので、いつか何かやってくれると思ってたんだけど、ロスタイムにやっとやってくれた。昨年のJリーグ最終節に続いて「89分の男」である。家帰って来てテレビで見たら、結果的にラストパスを出した形になってしまった俊輔の表情が見物だった。

スタジアムを包んだじりじりとした焦燥感や行きどころのないやるせなさが、ワールドカップの予選が始まったんだなあと実感させてくれたような試合だったと思う。

|

« 89分の男? | トップページ | ルータ−とDVDプレーヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/213176

この記事へのトラックバック一覧です: 日本−オマーン感想:

» Japan Soccer National Team [ハルログ]
Yesterday, there was a Japan soccer national team's game vs Oman on Asia area first match. It was very hard game. First period, Takahara got PK, but Nakamura failed. And few chances were visited, and couldn't get goal. At [続きを読む]

受信: 2004.02.20 02:15

« 89分の男? | トップページ | ルータ−とDVDプレーヤー »