« 牛丼とPUFFY | トップページ | 国立競技場 »

2004.02.11

U-23日本vsロシア

テレビ朝日の中継を見たので簡単な感想。

なぜかロシアはフル代表。シンプルというか単純というか、ある意味「王道」的なサッカーだったと思う。体格・パワーといったところを考えると、ああいうのが一番いいんだろうな。それにしてもみんなデカいわ。

日本の得点は闘莉王の無謀とも言える突破からのもの。今日の闘莉王、攻撃面での貢献は大だったと思うけど、ちょっと張り切り過ぎだったような気がしないでもない。まずは守備をきっちり締めてほしいところ。

攻撃面はいまひとつだったかな。両サイドの根本、田中隼がさえなかったし、中央の松井もちょっと期待外れ。松井は一次予選の時は中盤で君臨していたような印象があるんだけど、今日は前線へのいい形でパスが供給出来てなかったんじゃないかなと思う。現状は「山瀬>松井」って感じかな。

番組通じてなんだか平山であおり過ぎのような気がしたけど、途中から出て来た平山は確かに上手いと思った。いいところでボールが渡るし、あれは人徳ってやつかもしれない。

あと、印象に残ったのはGKの黒河。後半途中にロシアの選手と交錯したあたりから神がかってきて、その後はどんなシュートが飛んで来ても全部止めちゃいそうな雰囲気が漂ってた。

結果は1−1でドロー。

|

« 牛丼とPUFFY | トップページ | 国立競技場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/187298

この記事へのトラックバック一覧です: U-23日本vsロシア:

« 牛丼とPUFFY | トップページ | 国立競技場 »