« 羽田圭介「黒冷水」 | トップページ | 音楽史上最も偉大なアルバムベスト500 »

2004.02.01

リバプールvsエバートン

日付変わって、スカパのJスポーツ2で0時からのマージ−サイドダービーを見てから寝た。

リバプールはここのところエバートンに対して対戦成績が良いようで、立ち上がりにそういったことが現れていたみたいで、リバプールのいい形での攻撃の組み立てを見ることが出来て、割といい感じじゃんってとこ。

一方の守備は結構ザル状態でかなり不安定。エバートンの放り込みにサクッと裏を取られて、気が付けばGKドゥデクとの一対一の状態になっていることが何度か。いずれもドゥデクのファインセーブで難を逃れたが。

攻撃面では何度も決定的なチャンスは作るのだが、シュートが入らない(特にジェラード)。また、枠に飛んだとしても、エバートンGKのマーティンが大当たりで、リバプールからしてみれば、何点止められたことか。今日は両チームともGKの反応が素晴らしかった。

あと、ル・タレはもっとがむしゃらにゴールに向かってもいいかなって感じがした。という感じで結局は0−0ドロー。

|

« 羽田圭介「黒冷水」 | トップページ | 音楽史上最も偉大なアルバムベスト500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/155191

この記事へのトラックバック一覧です: リバプールvsエバートン:

« 羽田圭介「黒冷水」 | トップページ | 音楽史上最も偉大なアルバムベスト500 »