« 大宮のシーズンチケットが届かない | トップページ | J1・横浜FM−浦和 »

2004.03.13

永山邦夫引退試合

横浜F・マリノスOB 2−2(0−1) 横浜F・マリノスユース

マリノス対レッズの試合前に行われたオニクの引退試合(25分ハーフ)。この試合を見たいってこともあって、朝10時前にスタジアムに着いちゃってた。もちろん「13・NAGAYAMA」のTシャツ(去年の秋、まだ引退発表前に半額セールで買ったんすけど)持参で駆けつけた。試合前半は着るの忘れてたけど。(^_^;

OBチームは木村和司、水沼、金田、清水、早野、長谷川健太などなど、そうそうたるメンバーが出場。永山もOBチームで出場。ユースの方は第一線のメンバーってわけではなかったのかな。それでもおじさん達が高校生のスピードに難儀してたのが印象的。

永山は前半は限りなく最終ラインに近い守備的ミッドフィルダー、後半はセンターバックとしてプレー。相変わらず渋い仕事を黙々とこなしていく。後半21分、1−2でOBチームがビハインドの場面で得た若干怪しげな判定のPK(審判にしてもユースの選手にしてもそのへんのところは十分心得ていた模様)を永山がゴール左上に思いっきり蹴り込んで(一瞬ふかしたかと思った)同点になり、そのままドローで終了。

試合後のセレモニーでは永山の挨拶などあったけど、変にウェットなところもなく、永山の人柄が現れたようないいセレモニーだったと思う。あと、浦和のサポーターも騒がずちゃんと見ててくれてたのがありがたかった。永山のことを知らなくてリアクションのしようが無かっただけかもしれないけど。(^_^;

|

« 大宮のシーズンチケットが届かない | トップページ | J1・横浜FM−浦和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/296893

この記事へのトラックバック一覧です: 永山邦夫引退試合:

« 大宮のシーズンチケットが届かない | トップページ | J1・横浜FM−浦和 »