« サッカー五輪予選・日本−UAE | トップページ | 埼玉スタジアム 3/20 »

2004.03.19

江國香織「煙草配りガール」他3篇

オール讀物3月号に掲載されていた直木賞受賞作短篇集『号泣する準備はできていた』からの抜粋4篇をやっと読んだ。

はじめの「煙草配りガール」と「こまつま」の2篇は読んでもいまひとつピンとこなかった。「煙草配りガール」は話が入り組んでてよくわからなかった。「こまつま」は今回読んだ中で唯一語り手(作者)の視点からの人物描写の形の作品で、一人称での語り口を用いていた他の3作品とは異なっていた。

後半の「じゃこじゃこのビスケット」と「そこなう」は結構しっくりきたというか、まあ、そういう感じ。「じゃこじゃこのビスケット」は少女時代のことを回想した物語なのだが、思い浮かぶ情景に思い入れを持てるような感じがした。今回読んだ中ではいちばん良かった。「そこなう」はやや複雑な境遇にいる「私」の心理描写が読みどころって感じなのかな。こちらもなかなかよい。

同じくオール讀物3月号に掲載されている京極夏彦の作品(『後巷説百物語』から「赤えいの魚」)は読むのに気合が要りそうなので、まだ手を付けてない。

|

« サッカー五輪予選・日本−UAE | トップページ | 埼玉スタジアム 3/20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/322439

この記事へのトラックバック一覧です: 江國香織「煙草配りガール」他3篇:

« サッカー五輪予選・日本−UAE | トップページ | 埼玉スタジアム 3/20 »