« J1・市原−新潟 | トップページ | サッカー女子代表が寄席でリラックス »

2004.04.18

ヤクルト 7−6 阪神

阪神   000320001=6
ヤクルト 400020001x=7

今度は国立から神宮にハシゴ。六大学野球が延びたのか、18時20分の開始予定が18時40分に変更。日曜日の試合なので超満員なのかと思ってたんだけど、1塁側は少し空いていた。

阪神は先発ピッチャーの下柳が初回にいきなりノーアウト満塁の大ピンチ。ラミレスは三振にしとめるが、続く鈴木健、古田に連続タイムリーを浴びて4失点。その後、阪神は藤本、片岡、桧山のホームランなどでいったんは勝ち越すが、5回裏に鈴木健の2ランホームランでまたもや逆転を許す。6回表終わってもう9時近かったので6−5の時点で帰って来ちゃったんだけど、家に着いてJスポーツ2をつけたら9回表でまだ6−5のままだった。今岡が五十嵐亮から同点ホームラン打ってよしよしと思ったら、9回裏にウィリアムスが鈴木健からサヨナラタイムリーを打たれてしまうというオチが待っていた。

やっぱり3タテってのはむずかしいわな。

追記 会社の同期のまっちゃんがすぐ近く(同じ3塁側特別指定席)で見ていたことが判明。お互い全然気が付かなかった。(4/19)
本文の得点合計が間違っていたので訂正。(4/19)

|

« J1・市原−新潟 | トップページ | サッカー女子代表が寄席でリラックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/460495

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト 7−6 阪神:

» セリーグ ヤクルト対阪神(4/18) [wrightsville]
2004.4.18 18:40 神宮 T 000320001  6  S 400 [続きを読む]

受信: 2004.04.19 22:38

« J1・市原−新潟 | トップページ | サッカー女子代表が寄席でリラックス »