« 日本ハム 8−15 オリックス | トップページ | THE ROCK ODYSSEY 2004 »

2004.04.13

阪神 6−9 広島

甲子園の試合。家帰ってきてMXテレビを付けた途端の2回表、伊良部がいきなり逆転タイムリーを打たれた。

いったんはアリアスのホームランで逆転したものの、4回表によもやの6失点。走者1・2塁でのレフト前ヒットで満塁になった場面で矢野と伊良部がホームベースをガラ空きにしてしまい、3塁ランナーに走り込まれての失点は情けなかった。昨日セカンド守備中にアウトカウント間違えてゲッツー取れなかった日ハムの木元といい勝負である。そんでもって記録上は左翼からの返球をした金本のエラーってのはあまりにもかわいそうだ。

MXは解説が藤田平でつまらなそうだったので結局BS1の中継で見てたけど、広澤の解説が相変わらずくだらなくてサイコーだった。大入袋を「おとなぶくろ」と読んだ選手の話は笑った。実況のアナウンサーも笑いのツボにはまっちゃったみたいで、吹き出してしゃべれなくなっていた。

|

« 日本ハム 8−15 オリックス | トップページ | THE ROCK ODYSSEY 2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/436104

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神 6−9 広島:

« 日本ハム 8−15 オリックス | トップページ | THE ROCK ODYSSEY 2004 »