« 日本ハム 15−8 近鉄 | トップページ | ナビスコ杯・横浜FM−広島 »

2004.04.29

チェコ−日本

チェコ 0−1 日本

得点者:久保

プラハでのアウェイゲーム。勝っちゃった。日本は内容的にも予想外の良い出来だったと思う。珍しく気合を感じたような気がするのは気のせいか。特に守備の集中力が印象的で、後半は楢崎が好セーブ連発で楢崎正剛改め楢崎山郷を襲名って感じ。

結局この試合の決勝点となった前半の久保のゴールは、彼に対して抱いているステレオタイプをそのまま具現化したかのような、豪快な左足でのシュートだった。うって変わって試合後のインタビューは相変わらずの久保節で笑ったけど。

チェコはネドベドはどうでもよくて、リバプール組のバロシュとスミチェルに注目してたんだけど、いまひとつさえないうちに(バロシュが先制ゴールか?ってシーンがあったけど、オフサイドだった)2人とも前半までで交代だった。

中継してた日テレの解説は武田修宏だったんだけど、特に試合の立ち上がりは実況アナウンサーの問いかけた質問に全然答えてなくて、見当外れなチンプンカンプンなことを言ってただけなような気がして、なんだかわけがわからなかったんすけど。あれは一体なんだったんだ。

|

« 日本ハム 15−8 近鉄 | トップページ | ナビスコ杯・横浜FM−広島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/508621

この記事へのトラックバック一覧です: チェコ−日本:

« 日本ハム 15−8 近鉄 | トップページ | ナビスコ杯・横浜FM−広島 »