« サッカー女子代表の秘密兵器 | トップページ | 阪神 1−0 中日 »

2004.05.08

西武 8−2 日本ハム

日本ハム 011000000=2
西武   20015000x=8

西武ドームに行って来た。やっぱり遠いな。外野スタンドの一番後ろに一列だけあるイス席に座って見ていた。日ハムはスタメンを見ると小笠原も新庄も坪井も、ついでに田中幸雄もいない。新庄とか坪井はまあいいとしても、小笠原がいないとがっかりするな。

日本ハム先発の金村はボール多くてシャキッとしないような感じだった。良くない割には頑張ってゲームを作ってはいたと思うんだけど、5回につかまった。ツーアウトで金村に代わって登板した隼人が初球を中島にツーラン打たれちゃって試合が壊れた。6回途中から登板した加藤はなかなか良くて、打者7人を完全に抑えていた。高橋憲に代わる左腕として期待出来そう。西武の張誌家も金村とどっこいどっこいなだったと思うんだけど、日ハムが拙攻を繰り返しているうちに立ち直っちゃった。

西武が勝ったので、バックスクリーンのところで花火があがったんだけど、スケールの中途半端さ(ドームだからねえ)とかドタバタ感がドリフっぽいなと思った。(^_^; ぼやぼやしてたら粉みたいな破片が降ってきて、気持ち悪かった。

追記 スコアのチーム名表記が逆だったので訂正。(7/3)

|

« サッカー女子代表の秘密兵器 | トップページ | 阪神 1−0 中日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/560460

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 8−2 日本ハム:

« サッカー女子代表の秘密兵器 | トップページ | 阪神 1−0 中日 »