« 阪神 2−8 横浜 | トップページ | U-23日本−トルコ選抜 »

2004.05.25

中島義道「働くことがイヤな人のための本」

中島義道「働くことがイヤな人のための本」(新潮文庫)

本のタイトル見て「もしかして俺のための本?」って思って読んでみた。

「先生」と人物4人との間の架空対話の形式で話が展開する。「よく生きること」の意味の探究ということになるようだけど、理不尽、不条理、死、哲学なんてあたりがキーワードになるんだろうか。「先生」は平易な表現で説明するんだけど、取り扱っている内容が内容ってこともあってか、抽象的で非常に難解な印象を持った。一回読んだだけでわかるものじゃない、大変歯ごたえのある本のようである。目先の「仕事」がどうのこうのといったようなちっぽけな内容の本ではなかった。

|

« 阪神 2−8 横浜 | トップページ | U-23日本−トルコ選抜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/654794

この記事へのトラックバック一覧です: 中島義道「働くことがイヤな人のための本」:

« 阪神 2−8 横浜 | トップページ | U-23日本−トルコ選抜 »