« ラグビー・アメリカ−カナダ | トップページ | 「懐かしの80年代にどっぷりつかる本」 »

2004.05.27

ラグビー・日本−ロシア

TOSHIBAスーパーパワーズカップ2004

日本代表 29−12 ロシア代表

カナダ対アメリカに続いて、国立競技場での試合。午後7時キックオフ。

ガタイのデカいロシアの選手にガツンとぶつかられたら、ひとまわり小さい日本の選手はひとたまりもない(というか死んじゃう)かと思ってたんだけど、なんとかなっていた。16分、体格を活かしたロシアに押し込まれてトライを許しはするが、日本はこまめにPGを積み重ねて、得点でリード。前半終了真際に細かくパスをつないだ後の平尾剛史のトライ(なかなか素晴らしいトライだった)で16対5にして、いいイメージでハーフタイムを迎えた。

後半もPGで得点差を広げて、ロシアの選手(13番のレチネフ)がシンビンで一時退場になった数的優位になって時間帯を活かして、SH池田渉のトライ。その後、ロシアが圧倒的に押し込む時間帯もあったが(ロック大野のシンビンなんてのもあった)、日本の守備の粘りか、単にロシアが間抜けだったのかはわからないが、そこではトライは取られなかった。後半36分に逆襲の形で1トライを許すが、日本はロスタイムにダメ押しのPGを決めて(今日はいいところできちんと点が取れていたな)、予想以上の得点差で危なげなく勝利してしまった。

追記 観衆6,819人。(自分も含めて)ひとりで見に来ている人(女性もちらほら)多かった。日本のユニフォームは紅白の横縞地に黒い文字の背番号が見ずらかった、というか読めなかった。(5/28)

|

« ラグビー・アメリカ−カナダ | トップページ | 「懐かしの80年代にどっぷりつかる本」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/665571

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー・日本−ロシア:

« ラグビー・アメリカ−カナダ | トップページ | 「懐かしの80年代にどっぷりつかる本」 »