« Jリーグオールスター投票 | トップページ | 上野駅の改札で »

2004.06.06

J2・大宮−川崎F

大宮アルディージャ 1−2 川崎フロンターレ

得点者:【大宮】久永(52分)
    【川崎】中村(56分)、町田(89分)

     《大宮》           《川崎》
    横山 バレー       ジュニーニョ 我那覇
  喜名     安藤         マルクス
    金澤 斉藤       木村 久野 中村 長橋
冨田 奥野 トニーニョ 若松     伊藤 寺田 箕輪
      安藤             吉原

大宮サッカー場、14時キックオフ。大宮サッカー場での試合は3試合連続の雨。これも日頃の行いのせいか?(^_^; 試合前に松本と尾亦のサイン会に行ったら誰も並んでいなかった。松本はこんなに来ないのは初めてだよと尾亦のせいにしていた。

キックオフとともに川崎が調子の良さを感じさせる出来で、大宮は防戦一方の立ち上がり。大宮は危ない場面をずいぶんと迎えていたけど、GK安藤智安の反応のよいセービングが光っていた。川崎はものすごい勢いで攻め込んでいても、大宮が攻め込む時はみんなちゃんと戻っているような感じで、好守の切り替えが速かった。ただしチームとしてはよくまとまっていたと思うけど、全体的に動きがシステマチックすぎてなんだかロボットみたいで、見てて個性が物足りないかなって気はしたけど。大宮はDFラインの裏にボールを落として、それにバレー、横山が走り込むパターンを丹念に続けていて、時々思い出したようにサイドアタックを仕掛ける。そんな感じで押されながらも前半0−0で切り抜けて、後半になって川崎はペースダウンした感はあったかな。後半7分に安藤正裕からの右クロスを途中出場の久永がヘッドで決めて大宮が先制。そのまま行けばいいなと思ってたんだけど、直後に中村にミドルシュートを決められて同点になって、いつもの調子でドローかなって思ってたら、後半ロスタイムに町田に決勝ゴール食らってしまった。最後は最低限守って終わりたかったけどなあ。野球でいうところのサヨナラ負けを食らった気分。

大宮は押されつつも前半にバレーのキーパーかわしてのシュート(川崎DFがゴールラインぎりぎりでクリア)や後半に途中出場のトゥットの枠直撃弾(クロスバーからの跳ね返りがポストに当たって外に出た)など超が付きそうなくらいの決定的なチャンスもそこそこあったんだけど、そのうちどちらかでも入ってたらなあとは思うけど。

|

« Jリーグオールスター投票 | トップページ | 上野駅の改札で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/723014

この記事へのトラックバック一覧です: J2・大宮−川崎F:

» J2リーグ第15節大宮対川崎 [wrightsville]
2004.6.6(日) 14時 大宮 雨 観客 4829人 主審 奥谷彰男 副審 [続きを読む]

受信: 2004.06.06 23:44

« Jリーグオールスター投票 | トップページ | 上野駅の改札で »