« スウェーデン、カテナチオを粉砕! | トップページ | J1・柏−横浜FM »

2004.06.19

J2・大宮−京都

大宮アルディージャ 0−1 京都パープルサンガ

得点者:【京都】崔龍洙(70分)

     《大宮》          《京都》
    横山 バレー        黒部  崔
  久永     安藤     松井     熱田
    氏家 斉藤         中払 石丸
冨田 奥野 トニーニョ 若松  鈴木 手島 辻本  森
      荒谷            平井

大宮サッカー場、14時キックオフ。最近のホームゲームにしては珍しく晴天。

大宮は立ち上がりからセットプレーやバレーの突破からチャンスは作りかけてはいたとは思う。一方の京都は攻撃がかみ合っていなくて、攻めあぐねていたような印象。流れが変わったのは後半8分に冨田が2回目の警告で退場になってしまってから。大宮ってのはつくずく数的不利の状況に弱いなと感じた試合だったなあ。

|

« スウェーデン、カテナチオを粉砕! | トップページ | J1・柏−横浜FM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/800527

この記事へのトラックバック一覧です: J2・大宮−京都:

» J2リーグ第18節大宮対京都 [wrightsville]
2004.6.19(土) 14時 大宮 晴 観客 7271人 主審 吉田寿光 副 [続きを読む]

受信: 2004.06.20 08:46

« スウェーデン、カテナチオを粉砕! | トップページ | J1・柏−横浜FM »