« 阪神 2−5 ヤクルト | トップページ | 横浜 3−2 阪神 »

2004.06.04

中場利一「ノーサラリーマン・ノークライ」

中場利一「ノーサラリーマン・ノークライ」(幻冬舎)

東京新聞の書評で面白そうだったし、ボブ・マーリーの曲をもじった題名にも引かれたので、買って読んでみた。「岸和田少年愚連隊」を書いた人なんだな。

中堅大学を出て銀行に勤めているサラリーマン・カネテツが主人公ということで、横田濱夫の「はみ出し銀行マン」シリーズみたいにはちゃめちゃなノリの主役なのかと思ったら別にそういうわけでもなくて、どこにでもいそうな普通のキャラクターだった。ただし、カネテツは普通だけど、彼を取り巻く登場人物達が実に個性的で魅力的に描かれている。例えば幼馴染みのサージは困った時にぱぱっと出て来て解決してしまって風車の弥七みたい。

ストーリーとしてはちょっと無理あるんじゃないかという流れもないわけじゃないけど、娯楽小説ってことで、まあこんなとこか。話的には結構ドロドロな男女関係なはずなんだけど、カネテツが普通っぽいってこともあって、変なギトギト感はなかった。

読んでいて共感する部分も多かった。でも、この小説、南の島の人が読んでも理解出来ないかもしれないな。

|

« 阪神 2−5 ヤクルト | トップページ | 横浜 3−2 阪神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/707921

この記事へのトラックバック一覧です: 中場利一「ノーサラリーマン・ノークライ」:

« 阪神 2−5 ヤクルト | トップページ | 横浜 3−2 阪神 »