« 上野駅の改札で | トップページ | 日本ハム 6−9 ダイエー »

2004.06.07

伊波真理雄・石村博子「不完全でいいじゃないか!」

伊波真理雄・石村博子(文)
「不完全でいいじゃないか!」(講談社文庫)

茶髪でピアスの精神科医(浅草で開業している)である伊波真理雄が語った内容を石村博子というノンフクション作家が文章にまとめたもののようだ。ちょっと変わった伊波真理雄本人の生い立ちと、被虐待症候群、シンナー中毒、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、ひきこもり、薬物依存症の患者とのかかわりが描かれていて、最後に伊波の考える精神科医のあるべきスタンスみたいなもので締めくくられている。

薬物依存症のところで出て来た咳止めシロップは、あの中島らもも濫用してたってのを著書の中で読んだことがあるな。結構多いのかね。

|

« 上野駅の改札で | トップページ | 日本ハム 6−9 ダイエー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/728872

この記事へのトラックバック一覧です: 伊波真理雄・石村博子「不完全でいいじゃないか!」:

« 上野駅の改札で | トップページ | 日本ハム 6−9 ダイエー »