« 広島 12−3 阪神 | トップページ | 腹痛 »

2004.07.08

広島 4−2 阪神

オールスター前最後の試合。今日も広島市民球場。Jスポーツ1で見ていた。

広島は先発の林を3回途中で交代させてしまったけど、少し早過ぎたんじゃないのかね。一方の阪神・井川は良くない割にはなんとかって感じで6回まで投げていて、打線もそれに応えるかのように同点には追いついたんだけど、代わって7回から登板した安藤が相っも変わらずで不安定なピッチング。7回は何とかゼロに抑えたんだけど、8回に試走者を出して降板、続くウィリアムスが死球で満塁にした後、2点タイムリーを浴びてしまい、そのまま敗戦。いちおう安藤はアテネ日本代表のメンバ−に選ばれてるんだけど、「あんなのでいいんでしょうか?」って感じだなあ。あと阪神にしてみれば、8回の矢野のあわやタイムリーの場面での金本の本塁憤死が痛かったなあ。あれで流れが広島に行っちゃったように思う。

阪神にとっては、なんかイヤなムードでのオールスター休み突入になってしまったな。

|

« 広島 12−3 阪神 | トップページ | 腹痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/929750

この記事へのトラックバック一覧です: 広島 4−2 阪神:

« 広島 12−3 阪神 | トップページ | 腹痛 »