« 女子サッカー・日本−ナイジェリア | トップページ | 御殿場線 »

2004.08.15

J1・清水エスパルスvs横浜F・マリノス

清水エスパルス 1−2 横浜F・マリノス

得点者:【清水】鶴見(89分)【横浜】安貞桓(63分、80分)

     《横浜》         《清水》
     坂田 安永          北嶋
       奥        アラウージョ 久保山
ドゥトラ 上野 遠藤 田中  市川 伊東 戸田 太田
   中澤 松田 中西     鶴見 斉藤 森岡
      榎本達           西部

静岡スタジアム、18時半キックオフの試合。青春18きっぷで熱海乗り換えで愛野まで行って来た。懸賞で当たったバックッスタンドSS席(買うと1枚6千5百円するらしい)での観戦。

P1170520.jpg
花火が煙かったっす。(^_^;

予想外に涼しい気候もあってか、両チームとも選手がよく動いていたと思うし、ボールも良く動いていて、立ち上がりからスピーディーな展開。結構きれいな試合ではあったが、得点の気配はあまり感じなかったかなという気もする。

後半は立ち上がりからややこう着気味だったのかな。両チームとも守備が良くなったのか、攻撃時のパスがつながらなくなってくる。8分に坂田が持ち前のスピードで抜け出して、GK西部との一対一でシュートを放つがこれはポスト直撃。坂田もこういうところでちゃんと決められれば、もっとブレークすると思うんだけど。結局流れが変わったのは11分の久保投入からだった。

マリノスの先制点は久保が入ってから間もなくのこと、左サイドのドゥトラがゴール前に入れたボールをファーサイドの久保がヘッドで落として、それをゴール前の安貞桓が決めたもの。なんかよくわからないけど、久保がボールに触るとゴール魂みたいなものが込められるような感じがするんですけど。

清水も結構攻め込んではいたんだけど(特にアラウージョの動きが良かったと思う)、マリノスゴール前がまさに壁で、アクリル板でも置いてあるんじゃないかというばかりに弾き返しまくる。35分にGK榎本達也のパントキックが誰にも触られることなくセンターサークル付近に落下、ここでのこぼれを上野が拾って前線の安貞桓に素早くスルーパス、安がこれをきっちり決めて2点目。マリノスにとってはスキを見逃さなかった得点、清水にとってはエアポケットに落ちたかのような失点ということになるのかな。

後半ロスタイムにCKから鶴見に決められ失点はしたものの、そのまま逃げ切ってつつがなく勝利。後半35分の2点目が大いに効いたわな。

試合後は浜松のホテルに宿泊。同じホテルにマリノスユニを着た女の子二人組がチェックインしていた。

|

« 女子サッカー・日本−ナイジェリア | トップページ | 御殿場線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1208421

この記事へのトラックバック一覧です: J1・清水エスパルスvs横浜F・マリノス:

» 更なる進化がはじまる!2nd開幕! [unauna-log]
昨日のエスパルス戦。 うな子が一番うれしかったのは、安貞桓のプレイ。 本来持って [続きを読む]

受信: 2004.08.17 08:43

» 2ndStage 第1節 vs清水 [かわうそ的トリコロールな日々]
清水エスパルス 1-2 横浜F・マリノス 朝起きてびっくり。 1度目は昨日まで [続きを読む]

受信: 2004.08.17 20:44

« 女子サッカー・日本−ナイジェリア | トップページ | 御殿場線 »