« アジア杯問題、各紙の社説リンク | トップページ | 横浜 8−4 阪神 »

2004.08.09

女子サッカー・オランダ−日本 感想

こちらの続き。

録画しておいたビデオを見た。解説は大竹奈美ちゃんとベレーザ監督の宮村正志氏、放送しているのも日テレだったので、思いっきりベレーザ寄りでたいへんよろしかった。(^_^; こじんまりとしたグラウンドで、イングランドのノンリーグの会場みたいな感じ。そのわりにはピッチサイドに広告看板(日系企業は無し。みんな地元の企業なのかな?)がやたらと出てた。昼の試合かと思ったら午後7時キックオフだったそうで、めちゃめちゃ日が長いんだな。

日本のスタメンはこんな感じだったみたい。

   大谷 荒川
     澤
  小林 宮本 酒井
山岸 下小鶴 磯崎 川上
     山郷
    

大柄なオランダ相手の試合ということで、仮想スウェーデンのシミュレーションということで臨んだ試合だったと思う。日本は決して内容は良くなかったものの、おおむね試合は支配できていたのかな。日本の2得点は大谷のペナルティエリア内での嗅覚の鋭さそのものって感じのゴール。復帰した澤は今ひとつぱっとしなかった印象。コンディション万全ではないのかな。現在の状態だったら安藤梢の方が攻撃がスムーズに回るような気もする。まあ、状況は日々変化するだろうし、大柄なスウェーデン相手にガチガチ行くんだったら当たり負けしない澤かなって気もするけど。

あと、前半40分過ぎにセットプレー時に守備に戻った荒川がゴール前でオランダの選手を倒してしまいPKというピンチがあったようだけど、これはGK山郷の念力が効いたのかオランダのキッカーが思いっきりふかしてくれた。

オランダが後半開始時に11人全員交代してきたのには驚いたよ。

|

« アジア杯問題、各紙の社説リンク | トップページ | 横浜 8−4 阪神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1158016

この記事へのトラックバック一覧です: 女子サッカー・オランダ−日本 感想:

« アジア杯問題、各紙の社説リンク | トップページ | 横浜 8−4 阪神 »