« 女子サッカー・日本−スウェーデン | トップページ | ニッカン一面に小野寺志保ちゃん! »

2004.08.12

女子サッカー・日本−スウェーデン 感想

ひと晩明けて、こちらの続き。

BS1の画面から見る限り、日本のスタメンはこんな感じだったのかな。基本的にオランダ戦の時と同じ。スウェーデンは伝統(?)の4−4−2だったみたい。

   荒川 大谷
     澤
  小林 宮本 酒井
山岸 下小鶴 磯崎 川上
     山郷
    

スウェーデンは前線にやたらと速い選手がいたけど、全体的にはさほど足元が器用でないように思えて、個々のテクニックでは日本の方が上回っていたような印象。

なでしこジャパン、攻撃面でまず目立っていたのは右サイドの川上で、毎度ながらの右ドゥトラ状態。スピードある突破で幾度となくスウェーデン陣に侵入、チャンスメークに大きく貢献していた。大谷・荒川のツートップの息も合っていたと思うし、特に荒川の動きは見事で、世界の部隊であそこまで通用するとは想像していなかった。エースの澤はミスパスのインターセプトからピンチを招くことも何度かあったし、特に前半3回あった決定機をことごとく外してしまうなど個人的には不本意な内容だったのではないかな。

守備は中盤右の酒井と左SBの山岸が良かった。右と左のSBは、攻撃面では川上が目立っていたけど、守備面での山岸の貢献度も忘れてはならないと思う。酒井も着実に右サイドをカバーしていたと思う。

去年のW杯敗退の反省、アジア予選勝利で得た自信といったことをきちんと自分たちのものにして、チームとして成長しているのが見て取るようによくわかるような感じ。そして何より、周囲から注目が今の彼女達をつき動かしているかなという気もする。ほんの少し前までは、女子サッカーっていうのは世間から忘れられたような存在だったからね。

日刊スポーツは宅配で購読しているんだけど、うちに来てる7版★は一面トップが「佐々木引退」で、女子サッカーは裏一面で、前半までしか間に合っていなかった。会社帰りに近所のセブンイレブンに残ってたのを見たらなでしこジャパンが一面になっていたので、思わず130円出して買ってしまった。ちなみに7版★★★だった。

追記 小林弥生→安藤梢→柳田美幸の交代は交代出場した選手をまた交代させてしまうってことで、その場ではどうかなって思ったけど、守備面のバランスとかその辺のリスクを考えつつ大事な場面での交代出場の可能性が高い選手達の慣らし運転ということになると左MFの位置が一番安全だったのかなという気もする。柳田に関しては山岸に代えるということも考えたと思うけど、山岸は守備面で非常に効いていたからちょっと代えられないよな。(8/14)
スウェーデンはユニがピチピチだった。ユーロの男子代表は普通だったのになあ。(8/14)

|

« 女子サッカー・日本−スウェーデン | トップページ | ニッカン一面に小野寺志保ちゃん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1181146

この記事へのトラックバック一覧です: 女子サッカー・日本−スウェーデン 感想:

» 女子サッカー日本対スウェーデン [wrightsville]
2004.8.11(水) 18時 ボロス 晴   日本 1(1-0)0 スウェー [続きを読む]

受信: 2004.08.12 23:23

« 女子サッカー・日本−スウェーデン | トップページ | ニッカン一面に小野寺志保ちゃん! »