« 西武 8−4 日本ハム | トップページ | 片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』 »

2004.09.15

西武 4−12 日本ハム

日本ハム 060400200=12
西武   000000004=4

勝:ミラバル 敗:石井貴
本:[西]中島 [日]小笠原、セギノール、高橋信

朝5時過ぎに目が覚めて、朝飯メシ食って二度寝して、目が覚めたら11時半過ぎてたのでびっくりした。(^_^;

二日連続で西武ドームに行って来た。今日も三塁側内野自由席で観戦。

日ハム打線は2回表にたたみかける。西武内野陣の2つのエラーのおかげもあって石本の先制タイムリーを手始めに一挙6得点。2点目は古城の打席で西武二塁手の上田が送球ミス。3、4点目は新庄がバットを折りながらタイムリー。5、6点目は小笠原のホームラン。今日は疲れのためか不振だった小笠原が2安打でいちおう復活の兆しは見えたのかな。

日ハムは4回にも木元のタイムリーとセギノールのスリーラン本塁打で10対0に。先発のミラバルも非常に良い出来で、立ち上がり3回まではノーヒットだったし、今日はいくらなんでも大丈夫だろうなって感じの試合展開に持ち込むことが出来たと思う。そういうこともあって、途中からはここぞとばかりに小笠原や新庄、セギノールといった主力を温存。セギノールの代わりに出てきた田中幸雄がヒット打っちゃったりなんかして、それもうれしかった。

8回裏を投げた芝草も非常に素晴らしいピッチング。このまま完封リレーかと思ったら最終回に出てきた左腕・佐々木が打ち込まれてしまって惜しくも逃してしまったものの、文句無しの完勝だったと思う。

ロッテは負けたようで、またまた日本ハムが3位浮上。日ハムとしてこのままなんとかして3位に滑り込みたいところ。

|

« 西武 8−4 日本ハム | トップページ | 片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1447193

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 4−12 日本ハム:

« 西武 8−4 日本ハム | トップページ | 片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』 »