« 中日 5−4 阪神 | トップページ | 日本ハム 5−4 西武 »

2004.09.03

日本ハム 3−2 西武

西武   1010000000=2
日本ハム 1000000101x=3

勝:横山 敗:長田

札幌ドームの試合。序盤、近所のラーメン屋で流れていた文化放送の中継を聴き始めた時は1対1の同点だったんだけど、食べてる最中に勝ち越された。家に帰って来てテレビ埼玉で見ていたけど、途中で終わっちゃったので最後はGAORAで見ていた。

試合はミラバル、石井貴両投手の好投もあって早い展開で進んでいたんだけど、8回表にカブレラが内野上空に高く打ち上げたボールがいったん天井の裏に入ってから落ちて来て、これを小笠原が捕球してサードフライでアウト。伊東監督の抗議で十分近く中断したんだけど、これで流れが変わったような気がする。ミラバルが後続をきっちり抑えて、8回裏には木元の犠牲フライで同点に追いつく。

9回は建山がボールの行方は怪しげながらも勢いで抑えて、10回は守護神・横山が登板。しかしあまりピリッとなかった。ツーアウト走者2塁の場面でカブレラにものすごい当たりを飛ばされて試合は決まったかと思ったんだけど、またもや打球が天井に当たって角度が変わり、これを島田がキャッチしてあらまあなんとレフトフライ。まさに幻のホームラン。今日は初回先制打のカブレラがいろいろな意味で大当たりだった。

10回裏ツーアウト2塁の場面で木元がタイムリーを放ってサヨナラ勝ちでお立ち台。でもやっぱり今日の真のヒーローは札幌ドームの天井だったような気もする。(^_^;

|

« 中日 5−4 阪神 | トップページ | 日本ハム 5−4 西武 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1351447

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハム 3−2 西武:

« 中日 5−4 阪神 | トップページ | 日本ハム 5−4 西武 »