« ダイエー 6−5 日本ハム | トップページ | 映画「華氏911」 »

2004.09.02

養老孟司『死の壁』

養老孟司『死の壁』(新潮新書)

前著『バカの壁』を読んだ時の感想を読むと「平易な表現で深い内容が書いてあって実は難解」ということだったみたいだけど、この本は解剖学者としての養老孟司氏が全面に出ていることもあってか、より強い説得力が感じられたように思う。ところどころで「なるほど」「そうか」などとうなずきながら読み終えたような感じ。文中を彩るエピソードも幅広い文献からだけではなく、落語の「粗忽長家」まで出て来てしまったりして、様々な事がらに関する造詣の深さがうかがわれる。

文中出て来た深沢七郎という人の『みちのくの人形たち』という小説の話はなんか恐かった。コケシということばは「子消し」から来ているという説があるそうで。機会があったら読んでみたいと思う。

|

« ダイエー 6−5 日本ハム | トップページ | 映画「華氏911」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1336229

この記事へのトラックバック一覧です: 養老孟司『死の壁』:

« ダイエー 6−5 日本ハム | トップページ | 映画「華氏911」 »