« 西武 4−12 日本ハム | トップページ | 鳴子温泉・ふじや食堂 »

2004.09.16

片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』

片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』(小学館)

今さらながら読んでみた。西武ドームへの往復の電車の中で読んだ。

ヒロインが白血病で死んでしまうという悲恋の純愛ものの小説。帯の宣伝文句によると「十数年前」、「高校時代」、「恋人の死」がキーワードということになるらしい。

私は柴咲コウと違うので泣きながら一気に読むほどの小説には思えなかったが、これはきっとロマンチック的な資質に欠けているからなのだろうか。まあいいですけど。

ヒロインのアキも朔太郎にこれだけ思ってもらえたってことは幸せなんじゃないかと思ったけどなあ。

追記 柴コウ→柴コウに訂正。(9/21)

|

« 西武 4−12 日本ハム | トップページ | 鳴子温泉・ふじや食堂 »

コメント

hi. I'm seo jin-sun.
May I ask something?

"Nick name no imiwa nandesuka?"

watasi kankokuno aru tosyokande baito o sitemasu.
Konokoro watasiwa nihonno hon o nyuuryokusite imasuga,
tyotto rikaidekinaimonoga atte, koiuhuuni sitsumonsimasu.

dakara Internet de sagasitemitanoni, koti o hatkensimasita. desuga, e-mail o okuritaito omoutanoni watasino Computer dewa dekinaisi, kotide Board mo tokoni iruka wakaranaisi,
kouiuhuni coment dakedekimasendesita.

mail o okutte kudasai. douzo. arigatou..

投稿: Seo jin-sun | 2004.09.16 12:23

>Seo jin-sun 様

ごめんなさい。ご質問の意味が理解出来ないです。
ここでの"Nick name"とは何のことなのでしょうか?

投稿: 劇団天野屋 | 2004.09.17 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1446385

この記事へのトラックバック一覧です: 片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』:

« 西武 4−12 日本ハム | トップページ | 鳴子温泉・ふじや食堂 »