« 昨日のJ2・山形−大宮 | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »

2004.10.17

J1・浦和レッズ−横浜F・マリノス

浦和レッドダイヤモンズ 0−0 横浜F・マリノス

     《横浜》          《浦和》
    坂田  安        エメルソン 田中 
      奥             山田
ドゥトラ 中西 柳 田中  三都主 長谷部 鈴木 永井
   河合 中澤 栗原      ネネ 闘莉王 アルパイ
     榎本達            山岸

P1180657.jpg

埼玉スタジアム、午後2時キックオフ。いつもながらの北越谷駅経由のシャトルバスでの往復。このスタジアムへのアクセス、行きはいいんだけど、帰りのバスが問題ありだよな。帰りに北越谷駅に着いたら午後5時を過ぎてた。

試合の方はAビジター席メイン寄り上の方で観戦。前半はレッズのペースだったと思う。浦和の前線・中盤からの強いプレッシャーの前にマリノスは苦戦、思うようなパス回しが出来ずに、前線へなかなかいいボールを供給することが出来なかった。ドゥトラと奥はボール持ち過ぎで奪われることが多かったなあ。浦和はエメルソンを大黒柱とした前への攻撃の速さは脅威ではあったんだけど、その他の田中達、永井といったアタック陣の存在感が薄かったこと、あとは山瀬の不在ってのも大きいのかねえ。山田だとなんだかイメージが違うのかなってところ。

後半に入ってしばらくして、浦和が前線からボールを追い掛けなくなってきて、プレッシャーが弱くなってくるとともに、マリノスがペースを握るようになった。マリノスは泥臭くてカッコ悪いながらもゴール前でチャンスを作るようになったんだけど、決め手は最後の決定力だったのかなあ。安貞桓と奥の決定力があれば勝てちゃってた試合だったのかなって気もする。

|

« 昨日のJ2・山形−大宮 | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1704059

この記事へのトラックバック一覧です: J1・浦和レッズ−横浜F・マリノス:

« 昨日のJ2・山形−大宮 | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »