« ニッカンに「PUFFY全米本格進出」の記事 | トップページ | L1・ベレーザ−レイナス »

2004.10.10

天皇杯・大宮アルディージャ−アローズ北陸

大宮アルディージャ 2−1 アローズ北陸

得点者:【大宮】バレー(12分)、橋本早十(46分)【北陸】北川佳男(75分)

P1180524.jpg

    《大宮》         《北陸》
   森田 バレー         北川
 橋本     久永    石橋  上園  川上
   島田 氏家        川崎 山本 
西村 木谷 若松 斉藤  小柴 三好 山本 金丸
     安藤           平地

天皇杯3回戦、大宮サッカー場で13時キックオフの試合。自由席招待券でバックスタンドでの観戦。

立ち上がりからほぼ大宮ペースで進み、まだ早い時間帯の前半12分に橋本早十からのロングパスにうまく反応したバレーが先制点。その後もあぶないシーンが無かったわけではないが、大宮が主導権を握っていたように思う。両チームの選手個々の技量の差は明らかなのかなという感じはしていたのだが、大宮としてはなかなかそれをスコアに反映させることが出来なかったような感じ。

大宮は後半立ち上がりすぐに森田がポストプレーでチャンスメーク、2列目から飛び出した橋本がゴールを決めて2−0にしてさらに突き放しにかかるが、その後が続かなかった。それなりにチャンスは作るんだけど、結構外しまくっちゃってた。特にバレーは格下のチームのDF相手に飛び道具的な動きが有効かと思ってたんだけど、フィニッシュがうまく行かず。まあ、いつも通りっていえばまあそうなんだけど。(^_^;

後半30分にセットプレー(CK)から北川に頭で押し込まれて1点差にされていやな予感。その後もバレーが決めあぐねている間の40分にはフリーキックからまたもや北川のヘッドがクロスバーを叩き、思いっきりひやっとさせられた。終盤の大宮はボールキープに徹して、何とか時間を消費して逃げ切ったってとこか。アローズに対してJ2とJFLの格の違いみたいなものはあまり見せられなかったけど、とりあえずは勝ったからいいのかな。

|

« ニッカンに「PUFFY全米本格進出」の記事 | トップページ | L1・ベレーザ−レイナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1643840

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯・大宮アルディージャ−アローズ北陸:

« ニッカンに「PUFFY全米本格進出」の記事 | トップページ | L1・ベレーザ−レイナス »