« ラグビー・関東学院大−東海大 | トップページ | L・リーグ各種表彰 »

2004.11.07

J1・ジュビロ磐田−セレッソ大阪

ジュビロ磐田 2−2 セレッソ大阪

得点者:【磐田】福西(43分、87分)【大阪】苔口(31分)、徳重(78分)

午後3時半キックオフ、ヤマハスタジアムでの試合。BS1の中継で見ていた。

立ち上がりからセレッソのボールへの反応が非常に良かった。セレッソの先制点は苔口から西澤に出たラストパスがそのままゴールに入ってしまったもの。前半終了真際に磐田が名波のフリーキックからの福西のヘッドで同点にして試合は折り返し。

後半はジュビロが押し込んでいたと思うんだけど、セレッソが森島に代えて徳重を投入したところで流れが変わったような感じ。徳重は存在感大きかったと思う。セレッソはその徳重の左サイド角度ないところからのフリーキックが決まって勝ち越し。そのまま逃げ切れば柏に勝ち点で並んだんだけど、終了真際にコーナーキックからまたもや福西にヘッドを決められてしまい同点。試合は結局そのままドロー。まさに「勝ち切れない」ってことなのかな。

なかなか見応えある試合ではあったと思う。

|

« ラグビー・関東学院大−東海大 | トップページ | L・リーグ各種表彰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1890563

この記事へのトラックバック一覧です: J1・ジュビロ磐田−セレッソ大阪:

« ラグビー・関東学院大−東海大 | トップページ | L・リーグ各種表彰 »