« 日米野球・第3戦 | トップページ | オーディオカセットテープ »

2004.11.08

島本理生『リトル・バイ・リトル』

リトル・バイ・リトル
島本理生著

出版社 講談社
発売日 2003.01
価格   ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN   4062116693

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

第128回芥川賞候補作。少し前にクレジットカード会社の出している情報誌の書評コーナーに紹介されていたのを見て興味を持っていた本。やっと買ってきて読んだ。

恵まれていない境遇の中にいる主人公の女の子(家庭の事情で大学受験が出来なかったということなので、いちおう浪人ということになるのかな)が、その不幸を悲しむことなく、その中にも喜びを見つけながら淡々と生きて行く姿を描いた小説。決してポジティブとか元気とかそういうのではなくて、まさに淡々とという感じが共感を感じる。ボーイフレンドのキックボクサーもいいヤツだよな。

ドラマチックな展開は無いけれども、心じんわり系の素敵な小説だと思った。自分も明日に前向きになれそう。おすすめの一冊。

|

« 日米野球・第3戦 | トップページ | オーディオカセットテープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1894899

この記事へのトラックバック一覧です: 島本理生『リトル・バイ・リトル』:

« 日米野球・第3戦 | トップページ | オーディオカセットテープ »