« 日刊スポーツにPUFFYのインタビュー記事 | トップページ | 花粉症? »

2004.11.11

せんばい寄席

田町の専売ホールというところで行われた「せんばい寄席」なるものに行ってきた。サブタイトルは「桂米福・古今亭菊之丞 真打昇進記念」。入場無料なのに記念品の手拭いまで配ってた。客層は年齢やや高めって感じ。

P1180849.jpg

演者・演目は以下の通り。

 古今亭菊六「道灌」
 瀧川鯉太「てんしき」
 柳貴家小雪《太神楽曲芸》
 桂文我「ふぐ鍋」
  〜中入り〜
 新山真理《漫談》
 桂米福「大工調べ」
 古今亭菊之丞「幾代餅」

柳貴家小雪さんは結構カワイイので要チェックである。ちなみにホームページはこちら。ファイターズファンらしい。カワイイだけではなくて、客の投げた鞠(まり)を傘でキャッチする技はすごい。上方落語の桂文我さんは特にまくらの部分が東京の落語とは趣が違って新鮮で面白かった。桂米福(「べいふく」って読むのかと思ってたら「よねふく」だそうだ)さんは話を忠実に演じようって感じだったのかな。今一つ笑いが取れていなかったような気もするけど、熱演ではあった。トリの菊之丞さんは小ネタのくすぐりがドッカンドッカン当たっていた。「幾代餅」という噺自体に大きなストーリー展開があるわけではないので、自然とそういう感じになるのかな。今日の菊之丞さんは上手い落語家さんというよりは面白い落語家さんという印象。おおいに笑った。

|

« 日刊スポーツにPUFFYのインタビュー記事 | トップページ | 花粉症? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/1937160

この記事へのトラックバック一覧です: せんばい寄席:

« 日刊スポーツにPUFFYのインタビュー記事 | トップページ | 花粉症? »