« DVD『LIVE AID』 | トップページ | J2・大宮アルディージャ−水戸ホーリーホック »

2004.11.19

拙者ムニエル「不思議インザハウス」

作・演出・出演:村上大樹
出演:加藤啓、澤田育子、市川訓睦、千代田信一、伊藤修子、成田さほ子、今林久弥、他

下北沢に演劇を観に行ってきた。本多劇場で午後7時半から。早めに着いたので駅前を散策。下北ってのは道幅が狭くて独特の雰囲気が好きだ。今日みたいに雨が降ってると、歩く時にさしている傘がちょっと邪魔だけど。DORAMAという店で石蔵文信『巨人性うつと阪神性不安』という本を3百円で購入。上巻を読んだはいいが下巻がなかなかなくて探していた蔵前仁一の『ゴーゴー・アフリカ』の下巻もあったんだけど、上下巻セットで1,400円だったのでやめといた。

若い夫婦の夫の方が不動産屋+αにそそのかされて買ってしまった人里離れた一軒家でドタバタが繰り広げられる。そしてその家は距離的に離れているだけではなく、時間的にも未来である2010年にタイムスリップしていたというあらすじ。

脚本に関しては細かいディテールまで煮詰められていて、細かすぎて頭が着いて行けない面もなきにしもあらずだと思ったけど。ちゃんとオチも決まってたし、まああんなもんかな。ストレートヘアの澤田育子がなかなかgoodだった。

本公演は上演中に暗転がほとんど無かったためか非常にテンポが良かったように感じた。上演時間は2時間ちょっと。

はじめて行った本多劇場は十分見やすかった。中規模の劇場ということもあって、熱気こそ小劇場の駅前劇場なんかには負けるけど、椅子は広くて座りやすかった。駅前劇場は2時間座ってるとケツが痛くなるからなあ。

拙者ムニエルのサイトはこちら

|

« DVD『LIVE AID』 | トップページ | J2・大宮アルディージャ−水戸ホーリーホック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2010442

この記事へのトラックバック一覧です: 拙者ムニエル「不思議インザハウス」:

» 不思議インザハウス [本と夢と日常の中で]
学生時代の友人とお芝居デートに行ってきましたよー。下北沢の本多劇場にて、拙者ムニ [続きを読む]

受信: 2004.11.28 02:22

« DVD『LIVE AID』 | トップページ | J2・大宮アルディージャ−水戸ホーリーホック »