« お通夜 | トップページ | 大野勢太郎『浦和REDSの真実2005』(広報社) »

2005.01.10

高校サッカー決勝・鹿児島実業−市立船橋

2005年1月10日 14時 国立競技場 観衆46,037人

鹿児島実業 0−0 市立船橋
    延長0−0
    PK4−2

P1200043

  《鹿児島実》        《市船》
   栫  山下        榎本 森野
上村  坪内  渡邊     壽     小山
   赤尾 三代        中村 鈴木
 西岡 岩下 重富    薬袋 上福元 渡邉 谷津
    片渕           中林

3日連続の国立だったりする。バックスタンド聖火台下で観戦。今日は好天に恵まれて、風もあまり吹いてなかったので、3日間の中ではいちばん暖かかった。

決勝戦は45分ハーフ。当初、市船のスタメンとして発表されていた森下は体調不良とのことで急遽上福元に変更されていた。鹿実が主導権を握ってはいたが(特に前半は鹿実の攻撃が市船を圧倒していた)、そういった展開だったということは実は裏を返せば市船のムード(のらりくらり)だったのかなとも思う。市船は幾度となく攻め込まれながらも最後の最後での守備の粘りが印象的だった。結局90分間+20分Vゴールの延長戦でも決着は着かず、案の定という感じでPK戦に突入。先行の市船は3人目の谷津が止められて、4人目の薬袋は外してしまうが鹿実は4人がきっちり(鹿実はフェイントかけてきたりと結構余裕があったように見えた)決めて優勝。鹿実の単独優勝は初めてっていうのは知らなかった。市船は今大会、県予選も含めると5度目のPK戦だからなあ。いくらなんでもそろそろ負け時だったんじゃないかなという気がする。

|

« お通夜 | トップページ | 大野勢太郎『浦和REDSの真実2005』(広報社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2532277

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー決勝・鹿児島実業−市立船橋:

» 全国高校選手権決勝 [wrightsville]
2005.1.10(月) 14時 国立 晴  鹿児島実業 0(0−0)0 市立船 [続きを読む]

受信: 2005.01.11 23:12

« お通夜 | トップページ | 大野勢太郎『浦和REDSの真実2005』(広報社) »