« 黒門亭・夜の部 | トップページ | ごくせん »

2005.01.15

酒井順子『負け犬の遠吠え』

負け犬の遠吠え
酒井順子著

出版社 講談社
発売日 2003.10
価格   ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN   4062121182

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

杉田かおる結婚のニュースを知って(日刊スポーツの記事はこちら。「逆転勝ち」という表現に座布団三枚!)、この本を買ったまま読んでいなかったことを思い出した。いい機会なのでということで一気に読んでみた。そうういえば何日か前にこの本が原作となったテレビドラマが放送されていたな。見なかったけど。ただしこの本はエッセイであって、ストーリーのある小説じゃないわけで、どういう使われ方だったんだろう。

読んでみて、負け犬(本書における狭義では「未婚、子ナシ、三十代以上の女性」とのこと)をモチーフとして、筆者自身のことを描いたエッセイなのではないかと思ったんだけど、どうなんだろう。もっと頭悪くて、さらっと小一時間で読めちゃうような本かと思って買ったんだけど、そんなことはなくて、結構読みごたえがあった。同じような内容が何度も出て来たような気もしたが、雑誌の連載に加筆訂正したものだそうなので、その辺はまあしゃあないだろう。

|

« 黒門亭・夜の部 | トップページ | ごくせん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2581929

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井順子『負け犬の遠吠え』:

« 黒門亭・夜の部 | トップページ | ごくせん »