« マイクロソフトカップ1回戦・神戸製鋼−NEC | トップページ | 幸田真音『eの悲劇』 »

2005.01.23

マイクロソフトカップ1回戦・東芝府中−サントリー

2005年1月23日 14時 秩父宮ラグビー場

東芝府中ブレイブルーパス 33−13 サントリーサンゴリアス

050123B

立ち上がり2分半の間に両チームのスローフォワードが計3回ってのは珍しかった。サントリーは前半13分に東芝に先制トライを許すものの、栗原のPG2本で逆転、35分には東芝のラインアウトのミスから若松の疑惑のトライ(場内ビデオスクリーンの映像を見る限りラインを越えていなかったようで、場内がざわめいていた。微妙な判定の場面は映さない方が良かったと思うがな。)で13−5まで突き放して、そのままハーフタイム突入かと思ってたら、なんと39分、41分と立て続けにトライを決められて13−19での折り返しになってしまった。

後半も立ち上がり2分と5分にトライを許してしまい、勝負の行方は決まったかなという感じ。特に5分の方のトライはイエレミアのパスミスをインターセプトされてのカウンターで、あれにはがっくりきた。後半9分にスクラムハーフの田中澄憲が持ち込んでトライかと思ったら、グラウンディング出来なくて、さらにがっくり。結局その後も得点をあげることは出来ず。

この敗戦でマイクロソフトカップ優勝チームに与えられる日本選手権の出場権も逃してしまったことになるので、今シーズンのサントリーサンゴリアスはこれで営業終了。降格とか入替戦は免れたものの、どうにもパッとしないシーズンだったな。かつての「王者」の面影は何処に。

|

« マイクロソフトカップ1回戦・神戸製鋼−NEC | トップページ | 幸田真音『eの悲劇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2670812

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトカップ1回戦・東芝府中−サントリー:

» ほぼ「ダート稍重」の秩父宮 [フットボールと音楽三昧]
マイクロソフトカップ1回戦 神戸製鋼51(15-6、36-10)16NEC 東芝 [続きを読む]

受信: 2005.01.23 23:08

» マイクロソフト杯1回戦東芝府中対サントリー [wrightsville]
2005.1.23 14:00 秩父宮 東芝府中ブレイブルーパス 33ー13 サ [続きを読む]

受信: 2005.01.23 23:40

« マイクロソフトカップ1回戦・神戸製鋼−NEC | トップページ | 幸田真音『eの悲劇』 »