« 腰が痛い | トップページ | 山中伊知郎『浦和レッズはなぜ強くなったのか』 »

2005.01.26

町田康『実録・外道の条件』

実録・外道の条件
町田 康
角川書店 2004-12


by G-Tools

パンク歌手である「私」が主人公の小説。かなりの部分が事実に基づいたものと思われ、最初は随筆かと思ったほど。

読み進むうちに、町田康節とも言ってもいいような独特な語り口が快感になってくる。「ロックの泥水」の中で「誠実かつ真摯にエンターテインメント活動を行い」という表現が繰り返し繰り返し出て来たのには笑った。

この人はその昔、イヌというバンドで町田町蔵などと名乗っていた頃から名前だけは知っていたんだけど、音楽も含めて作品に触れるのは初めてだったりする。今度、『メシ喰うな』でも買って聴いてみるかな。

|

« 腰が痛い | トップページ | 山中伊知郎『浦和レッズはなぜ強くなったのか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2705923

この記事へのトラックバック一覧です: 町田康『実録・外道の条件』:

« 腰が痛い | トップページ | 山中伊知郎『浦和レッズはなぜ強くなったのか』 »