« Brian Wilson@中野サンプラザ | トップページ | 川上直子(TASAKI)がベレーザに移籍 »

2005.01.31

あさのあつこ『バッテリー』

バッテリー(角川文庫)
あさのあつこ〔著〕

出版社 角川書店
発売日 2003.12
価格   ¥ 540(¥ 514)
ISBN   4043721013

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

もともとは児童文学として書かれた小説らしいのだが、そういった範疇はとっくに越えているような感じで、結構奥の深い作品だなという印象。

小学6年生で野球に対してあまりにも一途な孤高の天才ピッチャー・巧が地方都市に引っ越して来たとところからはじまる物語であるが、病弱な弟の青波(せいは)、それと友人の豪(キャッチャー役)の二人の存在が非常に魅力的に語られているように思った。果たして巧は彼等に心を開いていくようになるのかどうか興味津々。

とりあえず第1巻を読んでみて、そのあんばい次第で続きも読もうかと思ったんだけど、予想以上に面白かったので、早速続編を買いに本屋に走ろうかと思う。

|

« Brian Wilson@中野サンプラザ | トップページ | 川上直子(TASAKI)がベレーザに移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2762313

この記事へのトラックバック一覧です: あさのあつこ『バッテリー』:

« Brian Wilson@中野サンプラザ | トップページ | 川上直子(TASAKI)がベレーザに移籍 »