« カルネステーション | トップページ | 「NHKラグビー生中継中止」各紙リンク(その2) »

2005.02.13

A3杯・横浜F・マリノス−浦項スティーラーズ

A3 NISSAN CHAMPIONS CUP 2005
2005年2月13日 13時30分 済州ワールドカップ競技場

横浜F・マリノス 1−1 浦項スティーラーズ

得点経過:3分 1-0 [横浜]清水範久
     65分 1-1 [浦項]サントス

     清水 坂田
       奥
ドゥトラ 那須 大橋 田中
    河合 中西 栗原
      榎本達

マリノスにとっては今シーズン最初の公式戦。日本テレビの中継で見た。榎本達也と浦項GKキム・ビョンジの雰囲気が実にそっくりで、なんだかおかしかった。

試合は始まってすぐの3分にマリノスがいきなり先制。浦項DFサントスからボールを奪った清水がそのまま突っ込んで行って、ペナルティアークあたりから打ったシュートが見事決まっちゃった。ベレーザの大野忍っぽいゴール。スピードと運動量を活かした小回りの効くプレースタイルだとか、ゴール前での決定力の低さ(簡単そうに見えるシュートは必ず外す(^_^;)とか清水と大野ってのは類似点が多いんじゃないかとかねがね思いながら見ていたりする。まあどうでもいいけど。

試合序盤こそ先制点の勢いからかマリノスがいいペースで試合を支配していたと思ったんだけど、その後の大部分は浦項の激しい当たりと中盤でのプレッシャー(というよりは単にマリノスのパスミスが多かっただけのような気もする)の前にずいぶんと押し込まれる場面が多くて、不本意ながら防戦一方に近い雰囲気の試合展開になってしまっていた。ただし最終ラインから松田と中澤を欠く状態ながら守備面ではそこそこ頑張ることが出来ていたと思うし、今後についてある程度メドがついたような感じでもある。後半フリーキックからのヘディングで失点してしまった場面の栗原(よく見ると松坂大輔に似ているな)はなんとかならんかったかなとは思ったりなんかはしたが。

出来ればリードを守り切って勝ちたかったけど、いたしかたなしか。

|

« カルネステーション | トップページ | 「NHKラグビー生中継中止」各紙リンク(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2910851

この記事へのトラックバック一覧です: A3杯・横浜F・マリノス−浦項スティーラーズ:

« カルネステーション | トップページ | 「NHKラグビー生中継中止」各紙リンク(その2) »