« ブリティッシュ・シー・パワー『ディクライン・オブ・ブリティッシュ・シー・パワー』 | トップページ | それでも荒川は我が道を行く »

2005.02.17

A3杯・横浜F・マリノス−深セン健力宝

A3 NISSAN CHAMPIONS CUP 2005
2005年2月16日 16時30分 済州ワールドカップ競技場

横浜F・マリノス 2−0 深セン健力宝

得点経過:46分 1-0 [横浜]上野良治
     63分 2-0 [横浜]熊林親吾

※「セン」は土ヘンに川

     坂田 大島
       大橋
ドゥトラ 那須 上野 田中
    河合 中西 栗原
      榎本達

昨晩の日テレの録画中継のビデオを見た。

プレッシャーの厳しい浦項相手に攻撃の形を作れなかった日曜日の試合とは打って変わって完全にマリノスがペースを掌握していた。深センは激しいというよりは暴力的な感じで、あれでは中国チャンピオンの名が泣くよ。実力的にも大きく差があったようで、深センにとってのチャンスらしいチャンスは後半にFKから李毅がヘッドで合わせたシーン(ボールは榎本達也の正面)ぐらいだったかな。選手の男前度では深センが圧勝だったと思うけどね。(^_^;

マリノスは右サイドの田中隼磨が大活躍で2アシスト。いつもこのくらいやってくれるといいんだけど。試合終盤にもものすごいシュートを放ったけど、それは惜しくもクロスバー直撃で3点目はならず。順位決定の際に得失点や総得点などといった問題もあるので、出来ればあと1点欲しかった。

坂田の故障は痛いねえ。FWがいなくなってしまうよ。

|

« ブリティッシュ・シー・パワー『ディクライン・オブ・ブリティッシュ・シー・パワー』 | トップページ | それでも荒川は我が道を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2975496

この記事へのトラックバック一覧です: A3杯・横浜F・マリノス−深セン健力宝:

« ブリティッシュ・シー・パワー『ディクライン・オブ・ブリティッシュ・シー・パワー』 | トップページ | それでも荒川は我が道を行く »