« 絶対に負けられない戦い? | トップページ | なでしこジャパン合宿メンバー »

2005.02.09

W杯予選・日本−北朝鮮

2005年2月9日 19時30分 埼玉スタジアム 観衆59,399人

日本代表 2−1 朝鮮民主主義人民共和国代表

得点経過:4分 1-0 [日本]小笠原満男
     61分 1-1 [北朝鮮]南成哲
     91+分 2-1 [日本]大黒将志

P1200264

    《日本》       《北朝鮮》
   玉田 鈴木        21 10
三都主 小笠原  加地    7   8
   遠藤 福西        15 17 
  中澤 宮本 田中    20 5 2 14
     川口          1

北越谷駅発の直行バスで向かったんだけど、埼スタの敷地に入るところでおそらく北朝鮮選手団と見られるバス(パトカーの先導つきでものものしかった)の会場入りと重なってしまったようで、なかなか右折出来ずにすいぶんと待たされた。セキュリティチェックはさほど厳しくなかった。

カテゴリー3指定席、バックアッパー15列目で南(いわゆるアウェイ側)寄りの席で観戦。ちょうど一週間前のシリア戦はしんしんと来る底冷えに加えて風も吹いていて本当に寒かったんだけど、今日はそうでもなかった。

試合の方は開始早々小笠原のFKで先制。このうえなく順調な滑り出しだったとは思うんだけど、その後は変にゲームが落ち着いちゃって、日本の出来は悪くはないが思いのほか良くもないといった感じがした。北朝鮮のサッカーはオーソドックスで、どちらかというと素朴な印象。嫌いなタイプのサッカーではない。在日Jリーガー、アン・ヨンハッ(17番)の中盤でチームを引っ張る姿に感心した。このアンにしてもリ・ハンジェ(8番)にしても、今回の理不尽なまでの日本のマスコミ攻勢にイヤな顔せず(心の中はどうだか知らんが)、真摯な態度で対応していたのが印象的で、日本国内でもけっこうカブを上げたんじゃないかと思う。

後半頭から北朝鮮がギアチェンジをしたかのようにペースアップ。ずいぶんと押し込んできていて、その流れの中で北朝鮮に同点ゴールを奪われてしまう。それにしてもあのゴールはフィニッシュに至るまでのパスワークがあまりにも見事で(夏に国立で見たバルセロナ以来だ)、思わず見とれてしまった。(^_^;

同点にされた後のジーコ采配ってのはどうだったのかな。立て続けに高原、中村俊輔を投入、4バックにシフトチェンジしたけど、ベンチの慌てっぷりがスタンドにまで伝わってくるようで、あれじゃピッチ上の選手達にも動揺が伝わってしまうんじゃないかと心配した。3枚目のカードとして大黒を投入して高原とツートップ(初顔合わせだよね?)ってのもどうなのよって気がしたが、とりあえずは結果オーライってことか。ロスタイムの勝ち越しゴールは「Deja vu」ってやつかいな。(^_^;

帰りは北越谷行きのバス乗り場がなぜかいつもと違う場所だったので間違えそうになったものの、結構乗り継ぎがスムーズにいって、10時台のうちに帰宅。テレビ(TBSだったか?)見てたら、試合後のサポーターへのインタビューのところでK村氏が出てきたのには笑った。

|

« 絶対に負けられない戦い? | トップページ | なでしこジャパン合宿メンバー »

コメント

私も実は北朝鮮戦に行ってました。
メインアッパー34列という位置で、選手は豆以下米以上のサイズ。
どちらかというと北朝鮮のほうが動きは良かったように私は感じましたが、後半30分過ぎから「(同点に追いつかれて)もう見てられないっ」と半泣き状態の友人の隣ではそんなことも言えず、ひっそり見ておりました。

北朝鮮のゴール前のパス回し、本当に綺麗に通ってましたよね、アレ見たらシュート打っても決まるのは予想できるもの。

日本びいきのサポーターに囲まれて、ついつい冷静に試合を見てしまうのは至難の業でした(笑)

投稿: さらにゃ | 2005.02.12 23:52

>さらにゃ様

いつもコメントをいただいているのに放置しっぱなしですみませんです。

北朝鮮のゴールシーンに至るまでのパス回し、意識的に組み立てたのか、それとも偶然つながっちゃったのかはわかりませんが、あまりにも見事だったので、思わず拍手しそうになってガマンしました(笑)。

投稿: 劇団天野屋 | 2005.02.14 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/2875184

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選・日本−北朝鮮:

» No! Zico? Yes! Zico? [talk to oneself]
勝つには勝ったが今日のゲームはジーコの起用法に不満が残った。 先制し、後半に追い [続きを読む]

受信: 2005.02.10 23:28

« 絶対に負けられない戦い? | トップページ | なでしこジャパン合宿メンバー »