« 吉泉愛(伊賀FC)のサイト | トップページ | 町田康「自分の群像」 »

2005.03.24

『プロレススキャンダル事件史』

プロレススキャンダル事件史(宝島社文庫)
別冊宝島編集部編集

出版社 宝島社
発売日 2005.03
価格   ¥ 680(¥ 648)
ISBN   479664511X

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1

16のエピソードで構成。もっとドロドロした内容かと思ったらそうでもなかった。プロレスを「スキャンダル」という言葉でくくると、アントニオ猪木ならびに新日本プロレスがやたらと出て来るなあという印象。馬場さんとか全日本ってのはあまり出て来ないんだけど。

小林照幸というライターが高校時代にアントニオ猪木を文化祭の講演に呼んだ話が興味深かった。表題の「スキャンダル」とはあまり関係ない内容ではあったけど。あとはターザン山本のひとりよがりな作文(^_^;も面白かった。

|

« 吉泉愛(伊賀FC)のサイト | トップページ | 町田康「自分の群像」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3424580

この記事へのトラックバック一覧です: 『プロレススキャンダル事件史』:

« 吉泉愛(伊賀FC)のサイト | トップページ | 町田康「自分の群像」 »