« ナビスコ杯・浦和レッズ−大宮アルディージャ | トップページ | 奥田民生 "LION" »

2005.03.27

ソフトバンク−日本ハム

日本ハム   00100004000=5
ソフトバンク 00201000201x=6

日:トーマス、入来、吉崎、押本、井場、横山、●立石
ソ:新垣、岡本、吉武、神内、倉野、○三瀬

本塁打:[日]高橋信1号

延長11回で5時間をこえるなが〜い試合。スポーツ・アイESPNの中継で見ていた。

ソフトバンク先発の新垣が乱調気味の立ち上がりで、ボーク、一塁ベースカバー忘れ、暴投とミスを連発し、わざわざチャンスを提供してしてくれたようなもんなんだけど、日ハム打線はそれをモノにすることが出来ず。3回表に小笠原のタイムリーで1点をあげるのがやっとで早い回にマウンドから引きずり降ろすことは出来なかった。

新垣に輪をかけて不調だったのが日ハムのトーマスで、全体的にボールが上ずり気味で球筋が定まらなくて、3回1/3で7四死球の大乱調。3回の失点はカブレラへの押し出し死球と宮地の内野安打によるものだったんだけど、完全にトーマスのひとり相撲で、よくまあ2失点で済んだなという感じ。

トーマスが自滅している間に新垣は4回から6回にかけて6連続奪三振。いつの間にか立ち直ってしまっていた。日ハムはその後登板した投手陣もその流れを引きずってしまったかのように毎回先頭打者を出塁させてしまっていてこりゃだめだと思ったんだけどね。

8回表に小田、小笠原(その後のセギノールは三振)、木元がヒットを打って満塁になったところで高橋信二が交代直後の岡本から逆転満塁ホームラン。そのまま逃げ切るかと思ったら横山もそれまでの流れを変えられなかったみたいで先頭打者を出してしまい、松中のタイムリーと横山のワイルドピッチで同点に追いつかれゲームは延長戦に突入。結局延長11回裏に満塁のチャンスでカブレラにタイムリーをくらってサヨナラ負け。

日ハムはセギノールが4三振で大ブレーキになってしまったな。

|

« ナビスコ杯・浦和レッズ−大宮アルディージャ | トップページ | 奥田民生 "LION" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3461014

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク−日本ハム:

« ナビスコ杯・浦和レッズ−大宮アルディージャ | トップページ | 奥田民生 "LION" »