« ベレーザに山口麻美ちゃんがいない | トップページ | 浅草・末っ子 »

2005.03.30

W杯予選・日本−バーレーン

2005年3月30日 19時半 埼玉スタジアム2002 観衆61,549人

日本代表 1−0 バーレーン代表

得点経過:71分 1-0 [日本]オウンゴール

P1200649

    《日本》      《バーレーン》
   高原 鈴木        18 9
三都主  中村  加地      10
   福西 中田      14 8 17 29 
  中澤 宮本 田中     2 16 5
     楢崎          1

カテゴリー4A指定席、南スタンドバック寄り上方の席で見ていた。ゴール裏だったこともあって試合が始まるとまわりは総立ち。前の席の女の子の背が高くて少し視界の妨げになったけど、2002年のワールドカップの時に悩まされた巨大なスウェーデン人に比べるとまあ微々たるものかな。

試合の方はあれだけFK/CKの機会があったし(特に前半の中頃とか)日本が圧倒的に支配していたはずなんだけど、なんかそんな感じはしなかった。ただし決勝点になったオウンゴールはバーレーンが勝手に自爆したわけではなくて、それまでの日本攻撃陣の前へのプレッシャーが結実した部分もあると思うので、ラッキーの一言では片づけられてしまう以上の意味合いは持っているのかなと思う。でもやっぱりラッキーだったかな。(^_^;

バーレーンはドイツ人が監督ということもあるのか、西洋風なサッカーを目指しているのかなという印象で中東風味は薄くて期待外れといえば期待外れ。勝ち点3を目指してある程度前がかりになって攻めてくることが予想される相手(日本)に対してこそ伝統のカウンターアタックが効果的だし日本もイヤかと思ったんだけど、その辺は不発でちょっと肩透かし。終盤2本くらいあったいい形でのシュートはヒヤリとしたが。

|

« ベレーザに山口麻美ちゃんがいない | トップページ | 浅草・末っ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3510649

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選・日本−バーレーン:

« ベレーザに山口麻美ちゃんがいない | トップページ | 浅草・末っ子 »