« 奥田民生@Club Citta' | トップページ | Macが起動しなくなった »

2005.04.17

J1・大宮アルディージャ−東京ヴェルディ1969

2005年4月17日 15時 大宮公園サッカー場 観衆8,959人

大宮アルディージャ 2−3 東京ヴェルディ1969

得点経過:14分 0-1 [東京V]ワシントン(PK)
     25分 0-2 [東京V]ワシントン
     73分 0-3 [東京V]町田忠道
     76分 1-3 [大宮]クリスティアン
     82分 2-3 [大宮]森田浩史

     《大宮》           《東京》
   クリス トゥット        森本 ワシントン
 藤本       久永     山田  平本 小林大
   マーカス 金澤           小林慶
冨田 奥野 トニーニョ 西村   平野  李  米山 柳沢
      荒谷             高木

20050417

大宮サッカー場での試合。バックスタンドはやたらと人が多かったみたい。後ろの通路のところも立ち見客でぎっしりだったようだし。ちなみに桜はほとんど散ってしまっていた。

相馬を故障、林を出場停止で欠くヴェルディはこの試合、いつもの3バックから4バックに切り替えてきた。よくわからないけどもしかすると前節での広島相手の大敗もシステム変更の原因のひとつなのかな。それが原因かどうかは知らないが、ヴェルディの立ち上がりはぎこちないというか、そういった印象。一方の大宮はボールへの反応も良く結構攻め込んでいた序盤だった。

ただしヴェルディも時間が経つにしたがって連携もこなれてきたようで、次第にペースをつかむようになってきた。そういった流れの中での14分、二列目からスピードある突破をしてきた平本を奥野がペナルティエリア内で倒してしまいPKを与えてしまう。これをワシントンにきっちり決められて先制を許してしまう。25分にも速攻で森本のパス(ワンタッチのいいパスだったなあ)を受けたワシントンが2点目を決められる。もうちょっと大宮の守備が粘るんじゃないかと思ってたので、前半25分で2点のビハインドってのはちょっと予想外だった。

大宮は後半スタートから冨田→三上、10分過ぎには金澤→安藤正裕(安藤が右SBに入って西村が中盤に入った)と交代を行い投入積極的に押し込むようにはなるものの、なかなかフィニッシュまで行かない状態が続いていて、そういった状態の中、DFとGKの連携が乱れたところで途中出場の町田にボールを奪われて無人のゴールに蹴り込まれて点差は3点に。結果的に大宮にとってはこの失点が大きかった。守備が生命線のチームがああいうプレーをしちゃダメだわな。

大宮はこれでもうダメかなと思ったんだけど、それからの粘りがすごかった。後半31分にトゥットが左サイドで粘っての折り返しをクリスティアンが決めて2点差に。後半37分にはCKのチャンスで久永に代わって途中出場していた森田が見事ヘディングを決めて1点差まで詰め寄った。その後も縦への放り込みでチャンスは作るんだけど、結局もう1点が入らなかった。ロスタイムの森田のシュートは惜しかったんだけどなあ。

|

« 奥田民生@Club Citta' | トップページ | Macが起動しなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3746761

この記事へのトラックバック一覧です: J1・大宮アルディージャ−東京ヴェルディ1969:

» J1リーグ第6節大宮対東京V [wrightsville]
2005.4.17(日) 15時 大宮サッカー場 晴  大宮アルディージャ 2( [続きを読む]

受信: 2005.04.20 23:54

» 東京ヴェルディ1969 [東京ヴェルディ1969について]
東京ヴェルディ1969東京ヴェルディ1969(とうきょう Verdy 1969)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム「FCニッポン」の呼称。旧呼称はヴェルディ川崎。Jリーグ創設時からの加盟チームのひとつ。1991年Jリーグ加盟。ホームタウンは東京都... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 21:28

« 奥田民生@Club Citta' | トップページ | Macが起動しなくなった »