« あさのあつこ『バッテリーII』 | トップページ | なでしこスーパーカップ2005 »

2005.04.02

J1・横浜F・マリノス−アルビレックス新潟

2005年4月2日 14時 日産スタジアム 観衆21,444人

横浜F・マリノス 4−1 アルビレックス新潟

得点経過:0分 1-0 [横浜]大島秀夫
     3分 2-0 [横浜]大橋正博
     32分 3-0 [横浜]河合竜二
     66分 3-1 [新潟]鈴木慎吾
     80分 4-1 [横浜]田中隼磨

     《横浜》           《新潟》
     安  大島        鈴木慎 エジ 寺川
      大橋           山口 ファビ
ドゥトラ 那須  奥  田中        萩村
   河合 松田 栗原     鈴木健 丸山 海本慶 海本幸
      榎本哲            野澤

P1200705

新横浜駅前が工事中だったみたいで、いつもの通り道が通れなくなっていて、珍しく歩道橋に登ったところこちらの方とばったり出くわした。その後、トリコポイントに行って、グッズをチェックしたところ、今シーズン版のプレイヤーズTシャツ背番号36番(天野選手)を発見。SサイズとMサイズが1着ずつ残っていた。ここで買わないと永遠にお目にかかれない可能性あり(^_^;と読んで早速Mサイズを購入した。マリノスクラブの5%割引適用で3,791円。支払いは大宮アルディージャNICOSカードを利用。(^_^;

試合は開始直後に最終ラインの河合がものすごい勢いで攻め上がって、ドゥトラとワンツーパスを交わした後にゴール前にクロスボール。これを大島がヘッドで決めていきなりの先制。おそらくキックオフから40秒かからなかったスピード・ゴール。試合前は花粉になやまされてたんだけど、このゴールで鼻水が止まった。(^_^; その直後の前半3分にも大島がヘッドで落としたボールを大橋が決めて2点目。開始3分ではあったが、これでがっちり試合のペースはつかんだって感じではあったかな。前半32分には河合のミドルシュートも決まってさらにダメ押し。

後半に入って新潟は上野優作を投入、4−3−3から3−5−2に切り替えてきた。新潟は先週の埼スタで見た大宮戦後半では4−4−2を試してたし、なんか試行錯誤しているみたいで、采配から迷いみたいなものを感じる。後半21分に新潟がゴール前に放り込んだボールを競り合った上野優作が河合を道連れにする形でゴール前でつぶれて、その時にこぼれたボールを鈴木慎吾が決めて1点を失ったものの、後半35分にはドゥトラの左サイドからのシュートを新潟GK野澤がはじいたボールを右サイドの田中隼磨が決めて追加点。マリノスにしては珍しく(大量得点ってのはあまりないチームなので)リラックスして見ることが出来た試合だったかな。マリノスが大量得点勝ち+鈴木慎吾のゴールということで、自分的にはとてもいい試合だった。そういえば、今シーズン、マリノスの勝利を生観戦で見たのはこれが初めてだったんだな。

|

« あさのあつこ『バッテリーII』 | トップページ | なでしこスーパーカップ2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3538003

この記事へのトラックバック一覧です: J1・横浜F・マリノス−アルビレックス新潟:

» NEW 横浜トラックバックセンター開設 [横浜ブログ ポータルサイト【ハマピン】]
この度、横浜ブログ ポータル【ハマピン】は、横浜トラックバックセンターを開設いた... [続きを読む]

受信: 2005.04.16 09:17

« あさのあつこ『バッテリーII』 | トップページ | なでしこスーパーカップ2005 »