« 広島−阪神 | トップページ | 2005年 日テレ・メニーナ メンバー表 »

2005.04.07

奥田英朗「アンポンマン」

『オール讀物』4月号収録。表紙に「ドクター伊良部」などと書いてあったので思わず買ってしまった。

インターネットベンチャー企業のライブファスト社の社長であるアンポンマンこと安保貴明(どう転んでもホリエモンがモチーフとなっている)は平仮名が理解できなくなってしまう。そこで神経科医を訪れ、ドクター伊良部が登場とドタバタが繰り広げられるいうストーリー。

看護婦マユミの「一人で勝ってると遊び相手がいなくなるよ」という台詞が奥田英朗から堀江社長に対してのメッセージなんじゃないかなとも思えなくもない。

ライブドアの一件を知らずにこの小説を読んだら果たして面白いのだろうか?などと考えたりもしたが。

|

« 広島−阪神 | トップページ | 2005年 日テレ・メニーナ メンバー表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3607135

この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗「アンポンマン」:

« 広島−阪神 | トップページ | 2005年 日テレ・メニーナ メンバー表 »