« アイルランド代表の来日が決定! | トップページ | アメーバブログを作ってみた »

2005.04.15

日本ハム−楽天

2005年4月15日 18時 東京ドーム 観衆14,587人

楽天   000200010=3
日本ハム 00101031x=6

楽:ラス、●小山、河本、吉田
日:押本、吉崎、○立石、井場、S横山

本:[日]新庄4号、木元4号

164-6440_IMG

東京ドームのホーム開幕戦。今年は1階内野自由席回数券を買ったので、内野の一塁側で見ていた。

日本ハムは先発・押本が四球連発でひどかった。アルモンテのバックトスの併殺(1回)や竜太郎のライト前ヒット時の島田の本塁へのレーザービーム送球(3回)でなかなか点は取られてはいなかったけど、常に塁上に走者がいる状態で、楽天のチマチマとした攻撃に押されっぱなしだった。楽天4回表の2点は走者二・三塁の場面で楽天・大島がスクイズ仕掛けて来た時に押本が暴投して走者一掃になっちゃったもの。押本はそのまま四球を出してしまってノックアウト。その後出て来た吉崎はことごとく先頭打者を出すものの、まあまあだった。三番手の立石は6回ワンアウト二・三塁で出て来ていきなりライトに犠牲フライを打たれてしまったかと思ったけど、またもや島田の超好返球でホームタッチアウト。このプレーが試合の流れが楽天に行くのを押しとどめたと思う。島田は送球の時に足痛めちゃったみたいだけど、大丈夫かね?

攻撃面は楽天先発のラスのへなちょこ球に手こずってしまっていたような印象だったんだけど、7回にピッチャーが小山に代わったことで流れが変わったようだ(案の定?)。二死一・二塁の場面で登板してきた河本の初球を木元が痛打してスリーラン、これが決勝点になった。

これでそのまま終わるのかと思ったら、四番手の井場がストライク入らなくて一死取っただけで降板、続いて出て来た横山もリリーフエースの面影なんてのは全く無し。押し出し四球で得点与えちゃってるし、なんかものすごくストレスがたまる終盤だった。あそこまでひどい投手陣の出来でよくまあ3失点で済んだなという試合だった。勝ったことが不思議なような気さえする。打球の飛距離の差が勝敗を分けたかな?

長時間(ほぼ4時間)でこってりしたしつこい試合だったけど、とはいいつつも随所に珍しいシーン(走者に打球が当たって守備妨害でアウトになったり、ネクストバッターサークルの新庄にファールボール直撃したり(^^;)もあったと思うし、結構楽しめた。スタンドもなかなか盛り上がっていたと思う。あとやっぱり東京ドームでのファイティー君の人気の絶大さを再確認。B・Bはやや存在感薄しって感じだった。

|

« アイルランド代表の来日が決定! | トップページ | アメーバブログを作ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3717961

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハム−楽天:

« アイルランド代表の来日が決定! | トップページ | アメーバブログを作ってみた »