« チョ・ヨンナム『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』 | トップページ | 東京都女子1部・日テレ・メニーナ−インターセプト »

2005.05.14

J1・大宮アルディージャ−サンフレッチェ広島

2005年5月14日 15時 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
主審:上川徹 観衆7,163人

大宮アルディージャ 0−1 サンフレッチェ広島

得点経過:89分 0-1 [広島]前田俊介

20050514

    《大宮》          《広島》
   森田 クリス        佐藤 ガウボン
 藤本     久永    ベット  大木  茂原
   金澤 マーカス         森崎和
冨田 奥野 トニ 西村  服部 小村 ジニーニョ 駒野
     荒谷            下田

日程が発表された時点ではまさかこの試合が上位対決になるとは思わなかった熊谷のゲーム。ウチから熊谷駅までは乗り換え1回で行けるからいいんだけど、やっぱり遠いや。19節以降の熊谷でさらにもう1試合あるみたいで、ご勘弁をって感じでもある。平日だったら行かない。というか行けない。

試合の方は手堅い立ち上がり。ボールポゼションこそ大宮がやや上回ってはいたように思えたが、なかなかフィニッシュまでは持ち込めず、両チームともゴール前での見どころは乏しい前半だった。FWクリスティアンも出場停止で試合勘が鈍っていたのか、目を見張るような動きは見られなかった。あと、今日は金澤もなんかイマイチっぽかったな。大宮の二列目は試合開始時は藤本が左、久永が右だったんだけど、前半なかばから左右ポジションチェンジして、後半の初めまではずっとそのままで行っていが、後半途中からまた元の位置に戻っていた。

後半に入ってから大宮がアグレッシブに攻めるようになって、コンスタントにシュートシーンは見られるようになった。あまり入りそうな雰囲気はなかったが、それでも数打っているうちにそのうち間違ってゴールが決まるか、それともそのまま入らなくてもスコアレスでドローで逃げ切れるかなと思いはじめて、案の定その通りになりそうだったんだけど、ロスタイムに広島の結構距離のあるフリーキックから右サイドに抜け出した途中出場の前田に見事ゴールを決められてしまい土壇場で勝ち越しを許してしまった。勝ち点1が指先からポロリとこぼれ落ちて先週味スタで89分に拾った分と相殺という落ちになってしまった。このリスタート、後半43分に森田に代わって出場してまだまだ体力的にフレッシュだった横山が前線で広島DFを追い回して取られちゃったファールだったわけで、結果的に選手交代が凶と出てしまったのかなという気がしないでもない。結果論だけど。

今日は珍しいことにハーフタイムプレゼントで行田天然温泉の入泉券(ペア)が当選。自分的には収穫はあったかもっちゅうことで。(^_^; でも行田は遠いなあ。

|

« チョ・ヨンナム『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』 | トップページ | 東京都女子1部・日テレ・メニーナ−インターセプト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/4127542

この記事へのトラックバック一覧です: J1・大宮アルディージャ−サンフレッチェ広島:

» J1リーグ第12節大宮対広島 [wrightsville]
2005.5.14(土) 15時 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 観客 7163 [続きを読む]

受信: 2005.05.16 00:22

« チョ・ヨンナム『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』 | トップページ | 東京都女子1部・日テレ・メニーナ−インターセプト »