« 大竹奈美さんのホームページ | トップページ | トラックウォーク »

2005.05.03

Lリーグ・浦和レッズ−日テレ・ベレーザ

2005年5月3日 13時 駒場スタジアム 主審:大岩真由美

浦和レッズレディース 0−7 日テレ・ベレーザ

得点経過:14分 0-1 [日テレ]沢穂希
     18分 0-2 [日テレ]伊藤香菜子
     39分 0-3 [日テレ]大野忍
     46分 0-4 [日テレ]酒井與惠
     52分 0-5 [日テレ]永里優季
     86分 0-6 [日テレ]永里優季
     89分 0-7 [日テレ]大野忍

P1220183

   《ベレーザ》        《レッズ》
     永里          北本 若林
  伊藤 澤 大野         安藤
   酒井 川上       岩倉 高橋 木原
豊田 須藤 四方 中地   西口 笠嶋 田代 森本
    小野寺           小金丸

L・リーグだってのに出島に隔離である。Jリーグでもないのに、そこまでする必要があるのかね。というわけで、ゴールほぼ真裏のところから見ていた。L・リーグを長年見ているが、ゴール裏から試合を見るのは初めてである。まあ、駒場のサイドスタンドはそこそこ高さが確保されているし、嫌いではないんだけど。トイレにも行きやすいし。ちなみにメインスタンドは関係者以外は閉鎖で、バック1階のみの開放。

前節・TASAKI戦の記録を見ると、ベレーザは酒井が前半のかなり早い時間帯に交代していたので、この試合は欠場かと思ったんだけど、無事出て来た。酒井のコーチングの声があるのと無いのとでは全然違うのでひと安心。チームとしても出足は上々だったと思う。開始10分過ぎに永里が放ったシュートがポストをたたいたのが猛攻開始の合図だったかな。そのすぐ後に右サイドを突破した大野が上げたクロスを澤がヘディングで決めてベレーザが先制。2点目はゴール正面でボールを受けた伊藤がいったん静止して、フリーキックみたいに打ったのが決まっちゃった。前半終わり頃には須藤からのリスタートの長いボールを受けた大野が一対一を決めて3点目を決めて3−0で折り返し。

後半も開始直後に右からの崩しを酒井がフィニッシュして4点目。5点目と6点目はどちらも永里で、中地からのクロスを決めたものと、レッズがロングボールの処理をミスしたところをすかさず決めたもの。とどめの7点目は珍しく右サイドを攻め上がった川上からのパスをゴール前の大野がヘッドで決めたもの。大野の家に居候している川上の店賃がわりのアシストだった。(^_^;

守備は中盤の底で酒井、川上のコンビがガチガチとボールを奪いに行って、それでもダメな時は四方、須藤の無敵センターバックが控えていて、さらにその後ろのGK小野寺さんも好調っぽかったので、失点の気配は全くといっていいほど感じなかった。攻撃面は7得点はあげたものの、決定的なチャンスをずいぶんと外してしまっていたし、2ケタ取らなきゃいけない試合だったと思う。印象としてもまだ6〜7分咲きかなって感じ。永里は高槻戦のハットトリックで何か吹っ切れたのか、アグレッシブなプレーぶりが非常に良かったと思う。動き方が荒川に似てきたと思うし、ここはひとつ髪形も真似してみたらどうだろうか。(^_^;

レッズは中3日の疲れもあると思うけど、終盤は目に見えて動きが落ちていた。試合日程に関してはベレーザも条件は同じわけだから言い訳にはならないかな。あと、いいサッカーを見せるためにスマートに行こうとしているわけではないとは思うけど、レイナスの時には満ち溢れていたなりふり構わないような気迫みたいなものがあまり伝わって来なかったのが残念だった。そのあたりは前任の監督とのギャップなのかなという気がしないでもない。

|

« 大竹奈美さんのホームページ | トップページ | トラックウォーク »

コメント

お初にお目にかかります。(一応)レッズレディースサポ系のブログをやってるものです。

今日のレッズはおっしゃる通り、運動量も落ちていたし、去年のような闘争心溢れるプレーがあまり見られませんでした。監督がタイプが全く違うようなので、選手がまだ慣れていないのかもしれないとも思います。あと、技術で追いつかない相手に対して、DFラインを上げ、中途半端なプレーをしているように見え、失点を喫した時点で軌道修正を行うべきだったようにも思いました。ベレーザとの試合はこれまで見ごたえのある試合を展開してくれていただけに、非常に残念でした。

ボールを追いかけるがむしゃらな気持ち、また基礎体力という所でもベレーザが上回っていたように見えました。Lリーグ全体を盛り上がるためにも、もっと上位チーム間の白熱した良い試合を見たいので、特にレッズには、戦力ダウン感が否めませんが、もっと頑張ってほしいと思います。

投稿: 唯我独尊 | 2005.05.03 21:18

>唯我独尊様

コメントありがとうございます。

レッズレディースは監督交代(前任者はいろいろと賛否両論な人ではありましたが)にともない若干時計が戻ってしまったような印象を持ちました。今後チームがひとまわり大きくなるためには乗り越えなくてはならないような停滞であるのはであると思いますし、現在の監督が無能でない限り乗り越えて行くものと思って見ています。

戦力的には突破力のある高橋唯選手がいなくなっちゃったのが大きいような気がしました。

投稿: 劇団天野屋 | 2005.05.05 22:54

監督としては、勝ち点狙いのカウンター勝負に持ち込むのでなく、現状の力でぶつかって、どの程度通用するのか見るのが目的だったのかもしれないと、新聞記事を読んで思いました。ステップアップするためには必要な策なのかもしれないですね。

高橋唯の影響は大きいと思います。永留もかなぁ。馬力のある選手が居なくなっちゃった印象があります。

ベレーザvs湯郷戦は観にいかれるのでしょうか?個人的にはレッズvsマリーゼ、FC東京vs大宮等と合わせて全て観たいと思うので、心底迷ってます。湯郷戦だったら、個人的には澤vs宮間の対決、FW加戸選手がどんなプレーをするのか興味がありますね。

投稿: 唯我独尊 | 2005.05.07 00:19

うわーん…なんだかTBの欄が荒らしのようになってしまい申し訳なく(汗(平伏。
こっそりマリちゃん繋がりでいこうと思っていたら、うまくTBできず断念しておりました……が、
改めておじゃましたらできてんだか、できてねぇんだか!!(怒)みたいな……(とほほ。
お騒がせして申し訳アリマセン。し、失礼致しました(涙。

投稿: esquisser | 2005.05.07 00:21

>esquisser様

マリーゼ−高槻戦の記事へのトラックバックをたくさんありがとうございました(笑)。
いちばん古いのだけ残して削除しましたのでノー・プロブレムです。

P.S. 西が丘の日程、参考にさせていただきます。

投稿: 劇団天野屋 | 2005.05.07 10:01

こんにちは~(礼。お手数かけてしまい申し訳ありません(涙。お恥ずかしい……(隠。
どうもエキサイトがニフティさんとの相性が悪いのか、
ニフティさんサーバーがブログへの反映速度に問題がありそうですねぃ。
個人的理由で始めざるをえなかった西が丘通信ですが、宜しければどうぞどうぞ!
そうそう、プロフを拝見するに♪あ~るでぃーじゃー、オレンジぃ~軍団、いぇい!!を気になさっているご様子。
西が丘試合当日、サブグラ近くのスタンド前目の席でリス色のペットボトルカバーを持っていらしていた方だったりしますか?…な、なんとなくお聞きしてみたり。では、本当にお騒がせしまして申し訳ありませんでした。
コメントの書き方も慣れて参りましたので(とほほ)、今後は事故のないように致しますっ。では~!

投稿: esquisser | 2005.05.07 11:28

>esquisser様

私はペットボトルカバーってのは持っておりませんで、別人みたいです。残念でした(笑)。
ちなみにあの日、私は500mlの缶コーラを飲んでました。

投稿: 劇団天野屋 | 2005.05.07 22:42

>唯我独尊様

明日は稲城に行く予定のしています。もしかしたら試合後に味スタに途中参加ってのも考えてはいますが、その場になってから決めようかなと思ってます。

岡山湯郷は攻撃面では宮間あや、守備面では藤井奈々さん(元気かなあ)に注目しようと思ってます。あと、監督の本田美登里さんもですかね。3人ともベレーザOGだったりというのもありまして。

投稿: 劇団天野屋 | 2005.05.07 22:56

Lリーグファンの皆様、こんにちは。
ラジオのFM江戸川84.3MHからのお知らせです。
*6月7日(火曜日) 大岩 真由美審判が、
インタビュー番組に生出演されます。

*15:41頃~59頃 中継生放送

*FM84.3MH 
サッカーの魅力について語っていただきます。
J1初の女性主審を目指す、意気込みなど伺う予定です。
サッカー大好きな、皆さんから大岩さんへの
応援、激励、質問メール募集中です。

よろしければ、6/7(火曜)是非、お聞きください。

投稿: FMえどがわ84.3MH | 2005.06.05 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/3965937

この記事へのトラックバック一覧です: Lリーグ・浦和レッズ−日テレ・ベレーザ:

« 大竹奈美さんのホームページ | トップページ | トラックウォーク »