« 広島−阪神 | トップページ | 早慶サッカー定期戦 »

2005.06.28

うめ吉『お国めぐり』

B00005M6CYお国めぐり〜お座敷民謡〜
うめ吉
インディペンデントレーベル 2001-07-14

by G-Tools

俗曲の桧山うめ吉のCD。妻に『明治大正はやりうた』を買って来るように頼んだら、これを買って来ちゃったので、とりあえず聴いてみた。唄声と三味の音が心地よい。

収録されている8曲のうち3曲(「天龍下れば」、「東京音頭」、「十日町小唄」)が中山晋平作曲だそうで、「東京音頭」がこの人の作品ということは知らなかった。そういえば東京音頭の二番以降の歌詞は聴いたのはすいぶんと久しぶりのような気がする。

|

« 広島−阪神 | トップページ | 早慶サッカー定期戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/4752052

この記事へのトラックバック一覧です: うめ吉『お国めぐり』:

» 桧山うめ吉さん [ジューシーな日々]
 ある頼まれ仕事の取材で、俗曲師の桧山うめ吉さんに会いに行く。  寄席で高座をつとめる俗曲師というと、普通、ひなびたじぃさんかおばあさんを思い浮かべるのだが、うめ吉さんは写真のとおり、まだうら若きオトメ。いったいこんなかわいい若い女性が、なぜまた俗曲師な... [続きを読む]

受信: 2005.06.29 17:19

« 広島−阪神 | トップページ | 早慶サッカー定期戦 »