« 川上直子@Lリーグ年鑑1995 | トップページ | ナビスコカップ・大宮アルディージャ−ヴィッセル神戸 »

2005.06.10

交流戦・阪神−日本ハム

日本ハム 2000011000=4
阪神   3000100001x=5

日:入来、マイケル、矢野、●横山
神:安藤、江草、橋本、○ウィリアムス

本塁打:[神]金本14号・15号

BS1の中継で見ていた。交流戦のこのカードはホームびいきで見ようかと思ってたんだけど、日ハムの方がとてもそれどころじゃないような状態(9連敗中)だったので、ファイターズ寄りでテレビ観戦することにした。

テレビをつけたら1回裏で日ハムがリードしててやったと思ったんだけど、その途端に金本が逆転ホームラン。2回以降はしばらく落ち着いちゃってたんだけど、5回裏にシーツのタイムリーによる追加点で2点差に放される。日ハムは6回表に新庄、7回表に田中幸雄のタイムリーで同点に追いついたんだけど、10回裏に横山が金本にバックスクリーンにサヨナラホームランを運ばれてジ・エンド。10連敗だよ。日本ハムは10回表に1アウト走者3塁でバッター小笠原という絶好のチャンスだったんだけど、これをモノに出来なかったのが大きかったな。それにしてもウィリアムスはなぜこういう時に限って素晴らしいピッチング(左打者もきっちり抑えていた)をするのだ?(^^;

日ハムは2人しかいないマトモな先発投手(ミラバル、金村)が両方とも故障しちゃうし、守護神のはずの横山はこのていたらくだし、どうしたもんかね。攻撃陣が少しだけ上向きなような気がするのがしいていえば光明か。たのむよー。

|

« 川上直子@Lリーグ年鑑1995 | トップページ | ナビスコカップ・大宮アルディージャ−ヴィッセル神戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/4501307

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦・阪神−日本ハム:

» 6/10、延長サヨナラ・・・21年ぶりの10連敗 [やっさん日記]
今日の先発はファイターズが入来投手、阪神は安藤投手。 1回表、今日1番に入った坪井選手が三遊間を破りレフト前に飛ばすと、続く森本選手はセンターに運んで無死一、二塁と先制の好機をつかみ、小笠原選手を迎えたものの、ここは三振。 ちょっとガクッときたものの、セギノール選手がそれを取り去ってくれた。 ここで積極的に初球を叩くと打球はセンターに抜け、二塁から坪井選手が一気に生還し、まず1点を先制した。 なおも一死一、二塁の場面で続くSHINJO選手も初球を叩くも打ち取られて二死となってしまっ..... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 00:13

« 川上直子@Lリーグ年鑑1995 | トップページ | ナビスコカップ・大宮アルディージャ−ヴィッセル神戸 »