« 交流戦・阪神−日本ハム | トップページ | 交流戦・阪神−日本ハム »

2005.06.11

ナビスコカップ・大宮アルディージャ−ヴィッセル神戸

Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ
2005年6月11日 13時 大宮サッカー場 観衆5,816人

大宮アルディージャ 3−0 ヴィッセル神戸

得点経過:20分 1-0 [大宮]横山聡
     34分 2-0 [大宮]久永辰徳
     66分 3-0 [大宮]片岡洋介

    《大宮》          《神戸》
  横山 トゥット        カズ 播戸
 藤本     久永      栗原    朴
  マーカス 西村    ホージェル 佐伯  田中
三上 奥野 平岡 片岡     北本 室井 菅原
     荒谷            掛川

P1220917

雨だったら屋根付きの武蔵野陸上(横河武蔵野vs佐川急便大阪)に行こうかと思ってたんだけど、大丈夫そうだったので大宮に行ってきた。バックスタンドで観戦。

試合開始直後、神戸のシステムは4バックだったように思うんだけど、気がついたら中盤の底にいたかと思った菅原がストッパーの位置に下がっていて3バックになっていた。もしかすると大宮の布陣を読み違えてたってことかもしれない。よくわからないけど。大宮は普通の4−4−2だったと思う。たぶん。

神戸は守備が結構スカスカのザル状態で、大宮のアタックに抜かれる、かわされるシーンの連続。個々の一対一の局面で勝てないのに加え、組織でのカバーも出来ていないように見えたので、前半終わって2−0というスコアは妥当な結果だったかと思う。先取点は右サイド突破したマーカスが中央に送ったボールをゴール前の横山が合わせたもので、2点目はトゥットからの素晴らしいスルーパスに反応した久永がGKと一対一の場面できっちり決めたもの。今日のトゥットはフィニッシュの精度以外は全般的に素晴らしいパフォーマンスだったと思う。後半途中に森田に代えられちゃったのはシュート外しすぎだったからなのかな?(^_^; あのペースで打ってたら、試合終了までに1本くらいは決まってたような気がするけど。

後半10分に神戸は菅原が2回目の警告で退場、思いがけず大宮が数的優位に立った。大宮ってのは相手の退場によって数的優位に立っても、4バックにこだわりすぎるためか、そのアドバンテージを活かすことが出来ないことが多かったような気がするんだけど、今日はそれなりにガンガンと行くことが出来ていたのではないかと思う。結果的には後半は1点(CKからの片岡ヘディング)しか取れなかったけど。神戸がツートップを崩さなかったってことも大宮にとってはいい方に影響してたかな。ワントップにされるとその1人を最終ライン4人がかりでケアしに行っちゃって、全く数的優位を活かせないなんてことが平気で横行するチームなので。(^_^;

神戸の攻撃陣は播戸の存在感がいまひとつだったような。前線でガツガツと暴れられると大変恐い存在なんだけど。新任の監督とソリが合わないとかそういうことはないよね?

|

« 交流戦・阪神−日本ハム | トップページ | 交流戦・阪神−日本ハム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/4512296

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコカップ・大宮アルディージャ−ヴィッセル神戸:

» ナビスコ杯予選L第6節大宮対神戸 [wrightsville]
2005.6.11(土) 13時 大宮サッカー場 曇 観客 5816人 主審 柏 [続きを読む]

受信: 2005.06.11 23:15

« 交流戦・阪神−日本ハム | トップページ | 交流戦・阪神−日本ハム »