« J1・大分トリニータ−横浜F・マリノス | トップページ | 女子選手権東京予選・村田女子高−小平SC »

2005.07.03

女子選手権東京予選・日テレ・メニーナ−立川FC

全日本女子選手権東京都予選(35分ハーフ)
2005年7月3日 13時 ヴェルディG(ジュニオール)

日テレ・メニーナ 8−0 立川フットボールクラブ

得点経過:前半21分 1-0 永里亜紗乃
     前半33分 2-0 西條美紀
     後半2分 3-0 岸川奈津希
     後半10分 4-0 永里亜紗乃
     後半23分 5-0 原菜摘子
     後半24分 6-0 永里亜紗乃
     後半30分 7-0 永里亜紗乃
     後半33分 8-0 永里亜紗乃

   《メニーナ》        《立川》 
  永里亜 嶋田千       32 51
小林海咲 原  岩渕     15    18
     岸川          5  22
横山 島田知 西條 松原  21 35 27 36
    小林詩           7

交代:横山→藤澤(後半13分)
   小林海咲→吉田(後半15分)
   岩渕→木下(後半22分)
   小林詩→鈴木(後半22分)
   嶋田千→高橋(後半25分)

20050703
西條美紀

立ち上がりのメニーナは守備面では失点の気配は感じなかったものの、攻撃面では立川FCの出足の速い守備に得意のパスワークが寸断され、なかなか攻撃の形を作ることが出来ず、思わぬ苦戦を強いられた。この苦境(というほどのものではないが)を打開したのは、岩渕のちょこまかとしたドリブル突破だった。右サイドを抜け出た岩渕からのパスをゴール前で受けた永里妹がフィニッシュして21分にやっと先制。33分には右CKを西條がヘッドで決めて追加点。ちなみに私の隣で西條選手のおばあさまがご観戦されていた。なお、今日のビデオ係はベレーザの東山選手で、故障中の泉選手もすぐそばで試合を見ていた。

後半開始すぐに、中盤の底の岸川のGKの頭を越えるミドルシュートが決まって3点目。岸川は先週も同じようなシュートを決めていて、それのリプレーみたいなビューティフルゴール。ここ数日の中では比較的涼しい気候ではあったものの、後半になると立川FCに疲れが出て来て守備がルーズになってきたようで、メニーナのボール回しが冴えてきて、気がつけばメニーナのイケイケ状態になっていた。終わってみれば大差の勝利。永里亜紗乃が5得点の大活躍だった。

|

« J1・大分トリニータ−横浜F・マリノス | トップページ | 女子選手権東京予選・村田女子高−小平SC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/4812693

この記事へのトラックバック一覧です: 女子選手権東京予選・日テレ・メニーナ−立川FC:

« J1・大分トリニータ−横浜F・マリノス | トップページ | 女子選手権東京予選・村田女子高−小平SC »